Web音遊人(みゅーじん)

バーニー・マースデン

追悼:バーニー・マースデン/ホワイトスネイクとブルースに生きたギタリスト

2023年8月23日、バーニー・マースデンが亡くなった。享年72。死因は細菌性髄膜炎といわれる。

多くの音楽ファンがバーニーのことを、ホワイトスネイクのギタリストとして記憶しているだろう。シンガーのデヴィッド・カヴァーデイルと共作した『フール・フォー・ユア・ラヴィング』(1980)はバンドの初期の代表曲だし、『ヒア・アイ・ゴー・アゲイン』(1982)は1987年に別メンバーによって再レコーディングされ、全米チャート1位に輝いている。

バーニーのキャリアはホワイトスネイク以前もUFO、コージー・パウエルズ・ハマー、ベーブ・ルース、ペイス・アシュトン・ロードなどハード・ロック寄りのものが多く、ホワイトスネイク脱退後もSOS、アラスカを経てMGM、ムーディ・マースデン・バンド、カンパニー・オブ・スネイクス、M3など、ホワイトスネイク人脈のミュージシャンと往年のクラシックスを演奏して人気を博してきた。

ハード・ロックの分野で名声を得たバーニーだったが、そのルーツはブルースにあった。

ブリティッシュ・ブルースへの傾倒

ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンに憧れてギタリストを志したバーニーだったが、1966年、ジョン・メイオールの『ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』でのエリック・クラプトンのプレイに衝撃を受ける。このアルバムはヒット・チャートでトップ10入り、イギリス全土にブルース・ブームを巻き起こしたが、彼もこのアルバムに魅了された1人だった。

そうして彼がさらにブルースに傾倒するきっかけとなったのがピーター・グリーンだった。エリックの後任としてブルースブレイカーズに加入したピーターは後にフリートウッド・マックを結成するが、バーニーにも多大な影響を与えている。筆者(山﨑)は2002年に彼とインタビューしたことがあるが、「もしピーターがいなかったら、君と話していないだろうね」と語るほどのファンだった。

そんなピーターとブリティッシュ・ブルースに捧げたトリビュート・アルバムが『Green and Blues』(1995)だ。ホワイトスネイク時代にもボビー“ブルー”ブランドの『エイント・ノー・ラヴ・イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ』やリトル・ウィリー・ジョンの『ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド』(フリートウッド・マックのヴァージョンがヒット)をカヴァーしたり、ザ・ムーディー・マースデン・バンドの『ネヴァー・ターン・ユア・バック・オン・ザ・ブルース』(1992)でブルースに接近するなどしてきたバーニーだが、本作ではブルースブレイカーズやフリートウッド・マックのカヴァーを収録、オリジナル曲も1960年代英国ブルースのスタイルを踏襲するなど、ありったけの敬意と愛情を込めたアルバムに仕上げている。

なお彼がこの作品を完成させた1995年、ピーターは音楽シーンから引退していたが、突如電話をしてきたという。「ピーター・グリーンです」と名乗られて、彼は「ショックを受けた」と語っていた。

それからバーニーとピーターは音楽を超えた友情を育むことになった。2020年2月、ロンドンで豪華オールスター・キャストのトリビュート・コンサートが行われたとき、ピーターも出演を請われたが、彼は「興味がない」と不参加。バーニーを自宅に招いてお茶をしていたという。

アメリカ黒人ブルースへの敬愛

もちろんバーニーは英国ブルースばかりでなく、本場アメリカのブルースからも影響を受けてきた。ブルースブレイカーズ経由でフレディ・キングを知った彼は聴き耽り、何度もライヴに足を運んでいる。「初めて会ったとき、彼は車を直していたんだ」とバーニーは話していた。彼はまたマディ・ウォーターズやハウリン・ウルフのライヴを見たことがあり、自伝『Where’s My Guitar?:An Inside Story of British Rock and Roll』のオーディオブック版(朗読はバーニー自身によるもの)には1978年、彼がB.B.キングにインタビューしたときの音源がボーナス収録されてきた。

彼のブルースへの敬愛の集大成といえるのが『Kings』『Chess』(共に2021)『Trios』(2022)のアルバム3部作だった。アルバート/B.B./フレディの“3大キング” の曲をプレイする『Kings』、ブルースの名門レーベル“チェス・レコーズ”の名曲を集めた『Chess』、テイストやロビン・トロワーなどトリオ編成のブルース・ロックを取り上げた『Trios』は、彼のキャリアに幕を引くのに相応しい充実した内容だった。

さらにバーニーは「マディ・ウォーターズの1940年代の78回転レコードを何枚か持っているよ。チャック・ベリーの初期シングルもね」と語る年季の入ったコレクターだったし、「最近入手したのはシドニー・メイデンというハーモニカ奏者、それからダグ・クワトルバウムのレコードなんだ」とマニアックな趣味をしていた。

1990年代後半から徐々にロック系よりもブルース系のフェスティバルに足場を移していき、またジョー・ボナマッサやジョアン・ショウ・テイラーら若手ブルース・アーティストと交流を持つなど、晩年の彼の活動はブルース色が濃いものだった。そんな一方で2023年6月に自らのギターのコレクションを手放すと発表したのは、自分に残された時間が少ないことを察知していたのだろうか(すぐに撤回、無期延期となった)。

ブルースとロックに生きたギタリスト、バーニーのプレイは、これからも聴き継がれるだろう。彼はまた温かみとユーモアのある好人物で、周囲の多くの人々から愛されていた。その音楽と人生に献杯したい。

バーニー・マースデン公式サイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

9560views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#029 「ジャズは難しい」という固定観念を覆す確信犯的ラヴ・ソング集~ジョン・コルトレーン『バラード』編

651views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

20501views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4254views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6036views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4097views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5711views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21568views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6504views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5541views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24498views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8766views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8085views

音楽ライターの眼

連載1[ジャズ事始め]ジャズの生い立ちには“文化”を知る手がかりが秘められている

6189views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30104views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5615views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3290views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13697views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7806views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63042views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13079views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28612views