Web音遊人(みゅーじん)

連載33[ジャズ事始め]オスカー・ピーターソンを完コピしていた佐藤允彦が本人を前に冷や汗を流して学んだこと

佐藤允彦がジョージ川口とビッグ4+1(ビッグ・フォー・プラス・ワン)にスカウトされたのは、まだ高校生だった18歳だというから、1950年代の終わりごろのことだ。

このバンド、もともとはドラマーのジョージ川口をリーダーに、テナー・サックスの松本英彦、ピアノの中村八大、ベースの小野満という、人気・実力ともに当時のトップクラスの4人が顔をそろえ、“スーパー・ユニット”として1953年に結成されたビッグ4というバンドだった。

1953年は“戦後日本のジャズ・ブームの頂点”とされる年で、いくつもの大規模なイヴェントが開催され、多くの観客がジャズを求めて会場を埋め尽くしていた。

ビッグ4も、1日で10ステージが予定されていた日もあったというから、その人気ぶりがうかがえるだろう。

しかし好事魔多しで、翌年には松本英彦が体調を崩し、女性ファンからの人気を一手に集めていた小野満は自己バンドを結成するために脱退してしまう。

残ったジョージ川口と中村八大は、あれこれ手を尽くしてバンドの再生を図るも上手くいかず、メンバーも固定化できずに3年を過ごすうちに、ジャズ・ブーム自体が沈静化してしまった。

1958年、ジョージ川口は再びジャズ人気を取り戻そうと、松本英彦、アルト・サックスの渡辺貞夫、ピアノの八木正生、ベースの木村新弥というメンバーでビッグ4+1を結成。が、往時の流行には及ばず、翌1959年に解散してしまう。

佐藤允彦がこのビッグ4+1に関わっていたのは、前稿の引用で宮沢昭と渡辺貞夫の名前が出ていたことから考えると、1957〜59年あたりのことだと思われる。

ブームは去ったから“1日10ステージ”ほどではないが、トップクラスの演奏者が組んだバンドだから、それなりのハードなスケジュールだったはず。

そのスケジュールに穴があかないように控えていたのが、高校生とは思えないテクニックをもった佐藤允彦だったのだろう。

当時の日本は、「ジャズがまだコピー時代だった」(引用:佐藤允彦『すっかり丸くおなりになって…』1997年、メーザー・ハウス刊)から、例えばサックス奏者がチャーリー・パーカーを、ピアノ奏者がバド・パウエルを、歌手がエラ・フィッツジェラルドを真似ているのを恥じることはなく、むしろどれだけ本人っぽく再現できるかが評価されていた。

佐藤もオスカー・ピーターソンを手本とし、そのコピーの完成度は業界に知れ渡るほどだったようで、ある日のこと、オスカー・ピーターソン本人が登場するステージの前座の代役にという声がかかった。

ステージで勝手知ったるオスカー・ピーターソンの演奏を(おそらくレコードと寸分違わずに)弾き続けていると、後ろに気配を感じた。

「後方1m足らずのところに写真でみた通りの顔でピーターソンが立っているではないか。その瞬間の気持をどう表現したらいいだろう。頭蓋骨の中に体中の血が押し上げられ、視野は狭窄し、冷汗が流れ、運指はしどろもどろになり、膝はがくがくし、足は雲を踏んでいるような、──早い話がすっかりアガってしまったのである」(引用:同前)

舞台を下りた佐藤にピーターソンは「なかなかいいね、坊や」と声をかけたそうだが、本人は決定的な間違いを犯していたことに気付く。

どれほどピーターソンのように上手く弾くことができても、本物のピーターソンを前にしたらその上手さは意味がなくなってしまう。ピーターソンだけでなく、誰かの真似をしているかぎり──。

その“気付き”は、ある意味で1960年代の日本のジャズ・シーンの大きな命題となり、佐藤允彦はそれを背負ってアメリカへと飛び立っていったのではないか、という推論は次回。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

2522views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?──再び

3564views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

8868views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

89571views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8546views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

36036views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9979views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4827views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22564views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2483views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5925views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7060views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8284views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10090views

音楽ライターの眼

ザ・ローリング・ストーンズ×ゴダールの邂逅。映画『ワン・プラス・ワン』、チャーリー・ワッツ追悼上映

608views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4940views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4926views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

11118views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

14250views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3623views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

25645views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4827views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24314views