Web音遊人(みゅーじん)

見えているようで見えていない薄く膜がかかった世界で、心を満たしてくれるアルバム『sheer』/伊藤千晃インタビュー

2021年6月23日、伊藤千晃が約1年半ぶりとなるミニアルバムをリリース。タイトルは『sheer』。
ファッション好きなら、シアーと聞いて透け感のある薄い素材を思い浮かべるだろうが、「ごく薄い」といった意味。彼女はそこに、どんな思いを込めたのか。

ノートに書いた「心の穴」という言葉

思い浮かんだ言葉やフレーズを、伊藤はノートに書き留めている。その日、彼女が書いたのは「心の穴」。
2020年もがんばるぞ!と意気込んでいた矢先、世界中を襲ったコロナ禍。ライブやイベントはことごとく中止になり、伊藤は心にぽっかりと穴が開いたような感覚を抱いていた。しかし、ある記事によれば、心の穴は決して埋めることはできないという。けれど、満たすことならば可能だ、とも。
「おうち時間が増えて、SNSやさまざまな情報を見る機会が多くなりましたよね。見えているけれど、本当に大切なことや真実はちょっと見えづらい世の中なのかもしれないと思ったとき、sheerという言葉にたどり着きました。見えているようで見えていない薄く膜がかかった世界で、誰もが孤独に感じる瞬間があるかもしれない。そんな心の穴を“満たす”には、どうしたらいいんだろうって考えたんです」
彼女のそんな思いが結実したのが、ニューアルバム『sheer』だ。

クリエーターそれぞれの「sheer」から生まれた楽曲

新作には伊藤が構想から携わった。『sheer』に込めた思いをクリエーターたちに伝え、それぞれの解釈のもとにつくられた新曲4曲、そして既配信曲3曲を加えた全7曲が収録されている。
参加クリエーターはいずれも伊藤とつながりがあり、才能と個性あふれる面々だ。
Sonar Pocketら数多くのアーティストを手がける作曲・編曲家のKAY。
伊藤のバンドマスターでもあり、「音楽に対してより素直になれて、自信をもつことができるようになったきっかけの人」だという宮田“レフティ”リョウ。
唯一無二のオリジナルサウンドを次々と生み出すバンドI Don’t Like Mondays.。
「みなさんに私の思いを同じ言葉で伝えて、思い描いたことを作品にしてくれるようお願いました。それぞれのsheerがあって、まったく違う楽曲が出来上がりました」
オープニングの『リトル・ミー』は、ストリングスが印象的な疾走感あるアーバンポップ。伊藤自身が作詞を手がけ、宮田“レフティ”リョウとともに作り上げた。
リード曲『Merry Go Round』は、KAYによるファンクポップとディスコポップが融合したサウンドにポジティブなメッセージが込められた一曲だ。
「実はこの曲は、ちょっと避けていたジャンルなんです。というのも、もっと大人にならなければというプレッシャーを自分でかけていたのに、元気で明るいポップな曲を歌うことでまた子どもっぽくなってしまうんじゃないかという葛藤があったから。でも、今回歌ってみて、自分が思っているより成長しているところもあるんだって思えました。伊藤千晃の今がわかりやすく出ていると思います」
また、“内面的葛藤”をテーマにした異質のラブソング『アンドロイド』は、I Don’t Like Mondays.のボーカルYUが作詞し、I Don’t Like Mondays.が作曲と演奏を手がけた。

こんな時代だから、自分の想像で現実逃避してみたらハッピーになれるかも?そんな視点から宮田“レフティ”リョウが作曲した『きらり』は、ファンタジーの世界へと誘うバラード。
これらの新曲4曲に、KAYが手がけた『summer memories』、YUと宮田“レフティ”リョウによる『真夜中の処方箋』の既配信曲2曲、さらにボーナストラックにはファンからも人気の高い『ツキミキミ』のリアレンジバージョンが収録されている。
「『ツキミキミ』は壮大で世界観が広がったようなリアレンジになっています。おうち時間が増えた今、目を閉じて想像で楽しんでもらえる曲になっているのではないかと思います」

新作では新たな音楽性も表現

今回のアルバムでは、伊藤の新たな音楽性にも注目したい。
ここ数年、バンドの音に深く興味を惹かれ、熱中しているという彼女は、サウンドづくりの新機軸にも挑んできた。
「やりたいことが自分のなかで明確になった音が集まっています。これがやりたいからやっています!これぞ今の私です!と自信をもって言えるミニアルバムになりました」
その自信作を引っ提げ、7月からは自身初のZeppツアーも始まる。
「今からわくわくドキドキしているのですが、どうなるかわからない世の中なので柔軟に考えて楽しめる内容にしたいと思っています。マスク着用で声を出すこともできないかもしれませんが、その分ライブ作品としての世界観をつくり上げることに力を入れたいです。これまでとは違ったライブに期待していてください」
薄く膜がかかったような世界で、あなたは心を何で満たす?その答えを伊藤の新境地のアルバムで、ライブで、ぜひ見つけてほしい。

■インフォメーション

●アルバム『sheer』


発売元:avex trax
発売日:2021年6月23日
価格:2,200円(CD)/5,500円(CD+DVD)※いずれも税込
詳細はこちら

●ツアー『Chiaki Ito Zepp Tour 2021 -sheer hearts-』

Zepp Namba(大阪):7月4日(日)15:00、18:30開演
Zepp Nagoya(名古屋):7月31日(土)15:00、18:30開演
Zepp Fukuoka(福岡):8月14日(土)15:00、18:30開演
KT Zepp Yokohama(横浜):9月20日(月・祝)15:00、18:30開演
詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram
オフィシャルLINE オフィシャルtiktok

特集

nokkoさん

今月の音遊人

今月の音遊人:NOKKOさん「私の歌詞の原点は、ユーミンさんと別冊マーガレット」

11238views

音楽ライターの眼

アラン・ホールズワースの超絶ギターが蘇る『ライヴ・イン・レヴァークーゼン2010』発表

838views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

33332views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

80150views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5841views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

20221views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9261views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6241views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7486views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6031views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3629views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8877views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10885views

音楽ライターの眼

連載35[ジャズ事始め]佐藤允彦に音楽の方向を決めさせた1966年の“現代音楽祭”

695views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

10648views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4400views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

11560views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9433views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3629views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

1878views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7575views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views