Web音遊人(みゅーじん)

連載39[ジャズ事始め]佐藤允彦の目から鱗を落とした東欧記者のジャズに対する見識

ラトヴィアの首都リガで、新聞記者のインタヴューを受けていた佐藤允彦は、“TON-KLAMI”の東欧〜ロシア・ツアーで感じていた“違和感”を解き明かすべく、その記者に逆質問をする。

「あなたがたは“ジャズ”という語をどういう意味で使っているのか。日本でも用法に多少の混乱があり、狭い意味でのジャズはアメリカで生まれたスタイルとその周辺、広い意味ではインプロヴァイズ・ミュージック全体まで含めることもあるが、狭義のジャズにかかわらなかった人、例えば高田みどりさんなどは、自分の表現をジャズと呼ばれることにいささか抵抗があるのだ」(引用:佐藤允彦『すっかり丸くおなりになって…』1997年、メーザー・ハウス刊)

これに対してラトヴィアの記者はこう答えた。

「我々はジャズに対してアメリカのものだという強い意識は持っていない。フリー・インプロヴァイズがジャズの新しいスタイルだとして特別視することもない。フルシチョフの時代、一時的に西側の音楽が解禁された他はゴルバチョフまで鎖国同然だった。ペレストロイカ以降あらゆるスタイルの音楽が一気に入ってきたから、どのスタイルがどれの後に出来たかを知ることは我々にとってそれ程重要ではない。インプロヴァイズを含むクリエイティヴな音楽はすべてジャズと呼んでいる」(引用:前掲書)

この答えに「目から鱗が落ち」たという佐藤允彦の分析によれば、発祥の地であるアメリカを含めて日本では“ジャズを直列的にとらえる”、すなわち時系列での体験を経てきたために、「『旧い、新しい』という余分な価値尺度が生じる」としている。

時系列による価値尺度がなぜ余分なのかというと、“新しいほうが進んでいる”ような、優位的なイメージを与えてしまうからだろう。その優位的なイメージに甘んじていた自分(および日本のジャズ・シーン)への反省も、この文章から伝わってくる気がする。

そして、記者の答えが示した、ジャズであるかどうかはクリエイティヴな音楽であるかどうかだ──という“基準”こそが、1990年以降の混沌とし始めたジャズ・シーンの大いなる指標になったのではないだろうか。

佐藤允彦は、時代ごとにカテゴライズされたジャズをまとめて、「全く同時代の、つまり現在形として感じるということは理屈ではわかっても感覚としてとらえられない」としたうえで、“アルハンゲリスク”というグループの名前を挙げて「“並列的状況”が彼らの目にどう映っているかが推測できる」としている。

“アルハンゲリスク”の動画をこちらから観ていただきたい。

Jazz-group “Arkhangelsk” – Live in Yokohama, Japan, 1991-08-02, part 2

入場行進を伴った前奏曲のあと、ステージに並んだメンバーが演奏しているのはおそらく『聖者の行進』と思われる。それに続くのがインプロヴァイズ・ミュージックという、この“並列ぶり”をわかっていただけるだろうか。

実は、佐藤允彦自身はすでに、こうした“なんでもあり”の集団的即興演奏を実践していた。だからこそ、ラトヴィアの記者が見せた“並列的状況への違和感のなさ”にも、敏感に反応できたのだ。

その集団的即興演奏については次回。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

8229views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.6

7344views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12733views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

173346views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9609views

鬼久保美帆

オトノ仕事人

音楽番組の方向性や出演者を決定し、全体の指揮を執る総合責任者/音楽番組プロデューサーの仕事

1709views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21539views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7041views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10827views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5603views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6810views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28548views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10178views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23076views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

726views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4138views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1199views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

14136views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

10734views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4521views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

53272views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7041views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24444views