Web音遊人(みゅーじん)

テデスキ・トラックス・バンドがライヴ・アルバム『レイラ・リヴィジテッド』を発表。デレク&ザ・ドミノスの名盤『いとしのレイラ』を完全再現

スーザン・テデスキとデレク・トラックスのギターおしどり夫婦バンド、テデスキ・トラックス・バンドがライヴ・アルバム『レイラ・リヴィジテッド』を2021年7月に発表。

ブルースやサザン・ロック、ソウルなど、ジャンルを超えた音楽性で人気を博し、日本でも日本武道館を筆頭に大会場でライヴを行ってきた彼らだが、新作はなんとデレク&ザ・ドミノスが1970年に発表した『いとしのレイラ』をライヴで完全再現した作品だ。

2019年8月24日、ヴァージニア州アリントンで開催された“ロックン・フェスティバル”でのステージにはドイル・ブラムホール2世、そしてフィッシュのトレイ・アナスタシオがゲスト参加。豪華なラインアップで名盤からの楽曲をプレイしている。

エリック・クラプトンとデュエイン・オールマンのギターを中心に実力派ミュージシャン達が集結したデレク&ザ・ドミノスだが、デレクはこのバンドから命名されて、またスーザンは『いとしのレイラ』の発売日である1970年11月9日に生まれるなど、2人とも縁浅からぬ関係にある。

デレクは2006年、エリック・クラプトンの来日公演に同行したときに『テル・ザ・トゥルース』『恋は悲しきもの』『ハイウェイへの関門/キー・トゥ・ザ・ハイウェイ』『小さな羽根/リトル・ウィング』など、同アルバムからの曲をステージで披露してきた。最近では2019年6月、テデスキ・トラックス・バンドの日本公演でも『キープ・オン・グロウイング』を演奏している。2019年の“ロックン・フェスティバル”でも当初は『いとしのレイラ』から数曲のみをプレイする予定だったという。だがデレクが友人から「だったら全曲やればいいのに!」とアドバイスされたこと、またトレイがフィッシュでしばしば他アーティストの作品を完全再現するライヴを行ってきた(ピンク・フロイド『狂気』、ザ・フー『四重人格』、ザ・ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者』など)ことも、彼らの背中を押すことになった。

『レイラ・リヴィジテッド』を聴いてみると、デレク&ザ・ドミノスのオリジナルへの敬意と、独自のアレンジを加えた個性が絶妙な形で融合しているのが窺える。デレクは生まれる前、母親のお腹にいる頃から『いとしのレイラ』を聴かされていたそうで、自らのギター・スタイルに多大な影響を受けている。エリックとデュエインのギター・プレイも身体に染みついており、大きくアレンジを崩すことはしていない。その一方で、デレク・トラックス・バンド〜テデスキ・トラックス・バンドで活動、ジョン・フルシアンテ、ジョン・メイヤーと共に“新世代3大ギタリスト”の一角と評価される個性的なスタイルを確立してきた彼ゆえ、単なるコピーに堕することがない。半世紀を超えながら愛され続ける名盤に新しい生命を吹き込んだ、まさに温故知新のニュー・クラシック・ロック・アルバムだ。

“ロックン・フェスティバル”で『いとしのレイラ』完全再現ライヴを行った後、世界各国のプロモーターから同様のオファーがあったというが、スーザンとデレクは「1回限定だから良いんだ」と固辞。自らのレパートリーを中心としたツアーを続けてきた。

新型コロナウィルスが蔓延した2020年初めから、すべての公演が中止あるいは延期になってしまったことで、彼らは自宅待機。ニュー・アルバムの曲作りと『レイラ・リヴィジテッド』のミックス、そして“ファイアサイド・セッション”と題したストリーミング・ライヴを行ってきた。そして1年以上の空白を経て、彼らは2021年6月11日、彼らが住むフロリダ州ジャクソンヴィルからツアーを再開している。

観客席に距離を置いたセーフ・ディスタンス・ライヴで、バンド編成も通常の12人でなく6人によるステージというイレギュラーなものだが、ライヴに飢えていた音楽ファンはこぞって集まり、多くの公演がソールド・アウト。2021年6月末の時点ではトラブルもなく、大きな盛り上がりを見せている。

2021年6月20日にはフー・ファイターズがニューヨークのマディスン・スクエア・ガーデンでワクチン接種済の観客を対象として1万5千人を集めた“通常”のライヴを行って話題を集めた。夏から秋にかけてツアーを再開するアーティストも多く、日本でも幾つかの夏フェスが開催される予定だ。変異株の発生、オリンピックによる感染リスク増大の可能性などが心配ではあるが、あまり性急になることなく、少しずつコンサート・ビジネスを復活させて欲しい。そして万全の体制で、再びテデスキ・トラックス・バンドを日本に迎えようではないか。『レイラ・リヴィジテッド』はその日までじっくり聴き込める、魅力に溢れるアルバムだ。

■インフォメーション

アルバム『レイラ・リヴィジテッド』

発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2021年7月16日
価格:4,070円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

8351views

メタリカ

音楽ライターの眼

メタリカの誇るグラミー賞メタル部門最多受賞

407views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9511views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

275939views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13023views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5262views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12959views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2861views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21889views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6590views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8286views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24707views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16806views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12516views

音楽ライターの眼

「ショパン国際ピアノコンクールの父」と称される創設者、イェジ・ジュラブレフ

1976views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9080views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5636views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44789views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2247views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4375views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18990views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7181views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24707views