Web音遊人(みゅーじん)

ウクレレの新たな魅力に出会える一枚──名渡山遼、メジャーデビュー5年目の新作は全曲オリジナル作品

名渡山遼はソロ・ウクレレ奏者として国内外で活躍するプレイヤーである。美しくやさしい音色で包み込まれるような癒しの演奏から、疾走感のある演奏まで幅広いプレイスタイルを実現し、音楽性、奏法ともにウクレレという楽器の可能性を広げてきた。2016年にメジャーデビューしてから5年。これまでとはまた違う名渡山の、そして新たなウクレレの可能性に出会える新譜『Sense』をリリースする。名渡山にとって初となる、全自作曲によるプログラムだ。

自身の“代表作”を作りたい

「メジャーデビュー5周年の節目を迎えるにあたり、“代表作”を作りたいという思いが芽生えていました。“代表作”というからには、全曲自分の曲で勝負したいという思いがあって。そしてウクレレは様々なポテンシャルを秘めた楽器で、これまで以上に新しいことをしていきたかったのです」
その新しい世界への開拓はアルバムに先立って発表された収録曲『Absolute Zero』のミュージックビデオでも存分に発揮されている。
「2020年は全国ツアー、イベントが軒並み中止になってしまいました。だからこそ、次のライブでお客様にお会いできる時までにスキルアップをし、新しい奏法を取り入れたいと思いました。そこでベーシストの方に指導を仰ぎ、スラップ奏法(親指で弦を叩き、その他の指で弦を引っかけてはじく動作を組み合わせた演奏法)を学びました。それをふんだんに取り入れたのが『Absolute Zero』です」


Ryo Natoyama 名渡山遼 / Absolute Zero (Music Video)

もっと様々なジャンルの音楽でウクレレの音色を響かせたい

自身で楽器を製作するなど、常に革新的な姿勢でウクレレの魅力を伝える名渡山。新アルバムでは新しい奏法を取り入れるほか、様々なジャンルを楽曲に取り入れた。
「これが今の名渡山遼だ!という名刺がわりの一枚、というのをコンセプトにしました。今作は、ジャンルに縛りを設けず、選曲に統一性を求めませんでした。1曲1曲全て違ったアプローチをして、今僕が表現したい音楽を10曲の中に目一杯詰め込みました。これから僕の音楽を初めて聴いてくださる方に、このアルバムが1枚あれば“名渡山遼はこういうアーティストだ”ということがわかっていただける、というようなものを作りたかったのです」

実際に楽曲を聴いてみると本当に多様なサウンドが展開する。ウクレレという楽器にこれほどの表現力や様々なジャンルとの相性の良さがあったのかと驚かされる内容であった。
「基本に立ち返った素朴なウクレレソロから、エレクトリックな音を入れたもの、ファンク、ラテンなど、あらゆるジャンルを網羅しました。タイトル曲の『Sense』には、特に新たな挑戦の気持ちを込めました。ウクレレではあまり聴かないスムースジャズのテイストを取り入れています。これまでのアルバムは聴き心地の良さを意識していましたが、今回は全く違う世界がどんどん現れるので、ウクレレという楽器一本でこれだけのことができるということを知っていただけると嬉しいです。このアルバムをきっかけにして、色々なジャンルにウクレレが進出してほしいなという思いもあります。ウクレレといえばハワイアンというイメージが強いのですが、あくまでもそれはウクレレの可能性の一部なのです」

すべては模倣から――原点は多彩な音楽の聴きこみ

様々な領域に踏み込める力をもつ名渡山だが、その原動力になっているのは、いろいろなジャンルの音楽を聴きこみ、自らのうちに取り入れてきた経験だろう。

「幼少期から、あこがれの人を模倣しながら育ってきました。音楽的な面だけじゃなくて、ちょっとした立ち姿とか歩き方なども。まず僕のウクレレ奏者としての基礎となったのはジェイク・シマブクロさん。彼は僕にとってのヒーローです。またギタリストのトミー・エマニュエルさんも大好きで、ウクレレとギターという違いはありつつも、彼の奏法を取り入れたりしています。彼のグルーヴ感は唯一無二のものですね。曲作りの面でいえば、デイヴィッド・フォスターやノーランズ、ビージーズ、イーグルス、バングルス、ビートルズなど……様々な音楽を聴いてきました。特にバラード系が好きです。ボーカリストではホイットニー・ヒューストンが一番好き。歌い方など、演奏にもかなり影響を受けている部分があります」

新たな奏法、音楽への挑戦も盛り込んだ新作では、名渡山遼というアーティストのさらなる進化と共に、ウクレレという楽器の様々な可能性に出会える。ウクレレ人気がさらに高まる起爆剤となりそうだ。

■インフォメーション

アルバム『Sense』


発売元:キングレコード
発売日:2021年7月28日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら

アルバム発売記念ライブツアー「Ryo’s Uke Tour 2021“Sense”」

8月8日(祝・日)MT Milly’s(千葉県)
8月9日(振休・月)上越文化会館大ホール(新潟県)
8月28日(土)三木楽器アコースティックイン(大阪府)
8月29日(日)パラダイスカフェ21(愛知県)
9月26日(日)SHOCK-ON(埼玉県)
詳細はこちら
オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

8031views

音楽ライターの眼

カプースチンを紐付けるためのオーヴァーチュア

3860views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6530views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

5488views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16815views

小林洋平

オトノ仕事人

感情や事象を音楽で描写し、映画の世界へと観る人を引き込む/フィルムコンポーザーの仕事

933views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12963views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13328views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8183views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1468views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5270views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24716views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8745views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12521views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#022 メンバーの死を乗り越えて拓いたピアノ・トリオの深化形~ビル・エヴァンス『ムーンビームス』編

924views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

18901views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6593views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16478views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13678views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5678views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18997views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5815views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9600views