Web音遊人(みゅーじん)

タイガース・オブ・パンタン、1980年代中期の幻のアルバム2タイトルが新装再発

タイガース・オブ・パンタンが1980年代中期に発表した2作のアルバム『ザ・レック・エイジ』(1985)と『バーニング・イン・ザ・シェイド』(1987)が海外で新装再発されることになった。

イギリスのインディーズ・レーベル“ニート・レコーズ”から1980年、ヘヴィ・メタル路線第1弾アーティストとしてデビューしたタイガース(同レーベルはレイヴン、ヴェノムらを輩出することになる)は当時のヘヴィ・メタル・ブーム、いわゆるニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル(N.W.O.B.H.M.)の代表バンドのひとつとして活躍。アルバム『スペルバウンド』(1981)は名盤と呼ばれ、初期には後にシン・リジィやホワイトスネイクに参加するジョン・サイクスがいたことでも知られる。

活動休止を挟みながら現在でも進み続ける彼ら、2018年には36年ぶりの来日公演が実現したのも記憶に新しい。今回再発盤がリリースされる2作は、彼らのキャリアのピークとは言えないものの、コアなファンから支持を得ている時期の作品だ。アルバム2作をカップリング、さらに初公開となる両作のデモを収めたボーナス・ディスクを加えた3枚組仕様となっている。

『危険なパラダイス The Cage』(1982)がヒットを記録するが、同作に伴うツアー後、バンドは契約上のトラブルで活動休止を余儀なくされる。ジョン・デヴァリル(ヴォーカル)はソングライターでキーボード奏者のスティーヴ・トンプソンと組んでソロ・アルバムに着手するが、元メンバーのジョン・サイクスに「日本に行ったとき、インタビューで何度もタイガースのことを訊かれた。すごく人気があるらしい」と言われて、タイガース名義を使うことになった。そうして作られたのが『ザ・レック・エイジ』だった(ちなみにトンプソンはタイガースのデビュー・シングル『ドント・タッチ・ミー・ゼア』のプロデューサーでもあり、バンドの歴史において重要な位置を占めていたが、メンバーとして加入したことは一度もない)。

バンドにはオリジナル・メンバーのブライアン・ディック(ドラムス)が復帰。新メンバーとしてスティーヴ・ラムとニール・シェパードという2人のギタリストが加入している。どちらもリードとリズム・ギターを担当しているが、ファンに注目されたのはニールだった。ジェス・コックス・バンドからウェイステッドを経てタイガースに参加した彼はブロンドのカーリー長髪をなびかせてギブソン・レスポールを弾きまくるヴィジュアルがジョン・サイクスを思わせるもので、速弾きマシンガン・ピッキングを交えたプレイのスタイルも共通していた。スティーヴもかなりのテクニシャンで、名曲『ヘルバウンド』を彷彿とさせる『ザ・レック・エイジ』でのツイン・ギターのバトルは手に汗握る迫力だ。

イギリスのTV番組『ECT』での『ザ・レック・エイジ』『デザート・オブ・ノー・ラヴ』ライヴ演奏も評判を呼び、アルバムのセールスは好調で、英国ツアーも成功を収めている。アメリカでのクラブ・ツアーも行われ、再ブレイクが期待された彼らだが、ニールがバンドを脱退してしまう。ジョン・サイクス、ヴィヴィアン・キャンベル(ディオ〜ホワイトスネイク〜デフ・レパード)、ローレンス・アーチャー(グランド・スラム〜UFO)に続くブリティッシュ系ギター・ヒーローとして期待された彼がこの後、音楽シーンから消えてしまったのは残念でならない。なお彼は現在イギリスの放送局でエンジニアとして働いているそうである。

ジョン、スティーヴ、ブライアンの3人になったタイガースが制作したのが『バーニング・イン・ザ・シェイド』だった。今回もスティーヴ・トンプソンがソングライティングとプロデュースに全面的に関わっており、前作同様メロディを重視したハード・ポップ路線を取っている。『ザ・ファースト(ジ・オンリー・ワン)』や『ドリーム・チケット』など、派手さはないが曲のクオリティはいずれも高く、バンドの再浮上を期待させる作品だったが、これだ!という決めの1曲に欠けていたことも事実。また、当時イギリスのハード・ロック/ヘヴィ・メタルはアメリカ勢に押されて盛り下がっていた時期のため、本作はメタル・ファンからの反応も決して芳しいものではなかった。結局タイガースはその後ひっそりと、自然消滅に近い形で解散している。

それから約10年の沈黙を経て1999年、タイガースはオリジナル・メンバーのギタリスト、ロブ・ウィアーを中心に再結成。よりヘヴィな音楽性で支持を得て、作品もコンスタントに発表しており、2022年にもEP『A New Heartbeat』を発表している。

今回再発される2作に収録されているデモはスティーヴ・トンプソンのホーム・スタジオで録られたもので、アルバム収録曲の“設計図”として興味深く、楽しむことが出来る。

『ザ・レック・エイジ』『バーニング・イン・ザ・シェイド』新装再発盤

現在ジョン・デヴァリルは舞台俳優として活動しているが、2018年には『危険なパラダイス』でギタリスト兼キーボード奏者だったフレッド・パーサーとのプロジェクト“パーサー/デヴァリル”でアルバム『スクエア・ワン』を発表している。スティーヴ・ラムは元ジ・アニマルズのメンバー達とのバンド“ジ・アニマルズIII”そして英国ロックの名曲をプレイする“ザ・UKロック・レジェンズ”で活動中だ。ブライアン・ディックは音楽シーンを離れて、2022年にバイク事故で怪我を負ったものの、順調に回復中だという。

『ザ・レック・エイジ』と『バーニング・イン・ザ・シェイド』はどちらも魅力あふれるヘヴィ・ポップの“幻”の好盤だ。今回の再発は、多くの音楽リスナーに新たな驚きと喜びをもたらしてくれるだろう。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

8415views

音楽ライターの眼

連載3[ジャズ事始め]ジャズが芽生えるための土台は黒船がもたらしてくれた?

2791views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25487views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

50699views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9473views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11305views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23407views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6552views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23697views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9290views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5332views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24886views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8981views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12668views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.9

2969views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14816views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

2022views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13931views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7361views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8017views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

26248views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9053views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9742views