Web音遊人(みゅーじん)

連載17[多様性とジャズ]プロテスト・ソングらしからぬ音楽性を備えた『フォーバス知事の寓話』

チャールズ・ミンガスのアルバム『ミンガス・アー・アム』収録の『フォーバス知事の寓話(Fables Of Faubus)』は、テナー・サックスとトロンボーンのFから始まるユニゾン、ルート(根音)を力強く叩き出すベースを交えた、8小節のイントロでスタートする※。
※『Fables Of Faubus』のチャールズ・ミンガスによる直筆のトランペット・パート楽譜がアメリカの公民権デジタル・ライブラリにアップされている。

キーはBフラット・メジャー(ト短調)。8個の音符によって構成されるシンプルなリフを3小節目で3度上げて、4小節をもう一度繰り返す。

テーマに入るとリフはそのままに、トランペットによるCの四分音符4連打(とトロンボーンのアンサンブル)から始まるメロディが重なり、このテーマを軸に短いソロを織り交ぜて曲を進めていく。

全体的に音遣いがシンプルで、ブルースのように聞こえるものの(GとBがフラットしているためだろうか?)、コード進行としては“歌もの”すなわちブロードウェイ・ミュージカルのナンバーにも匹敵する工夫が施され、それゆえに曲としての完成度の高さを感じさせる。

歌詞がないこのアルバムのこの曲『フォーバス知事の寓話』をあえて“歌もの”と評したのにはワケがある。実は歌詞があったからなのだ。

どのような歌詞が付いていたのかは、ミンガスが1960年に制作したアルバム『チャールズ・ミンガス・プレゼンツ・チャールズ・ミンガス』に『Original Faubus Fables』というクレジットで収録されているので参照してほしい。

歌詞ありヴァージョンがアルバム『ミンガス・アー・アム』に採用されなかったのは、レコード会社(大手のコロムビア・レコード)が難色を示したからだとされている。通常なら1曲丸々ボツになるところだろうが、先述のとおり曲の完成度が高かったため、歌詞抜きで採用されたのではないかと推測する。タイトルが個人名のままにされたのは謎だが、歌詞がないために名誉毀損にならないと高をくくっていたのか、そうは言っても(フォーバス知事が)全米注目の人物であることから話題性があるとソロバンをはじいての確信犯だったのか、いずれにしてもレコード会社の“英断”だったことは確かだろう。

一方、アルバム『チャールズ・ミンガス・プレゼンツ・チャールズ・ミンガス』は、1960年にニューヨークで設立されたインディペンデント・レーベル“キャンディッド”からリリースされた。このレーベル、著名なジャズ・ライターにして公民権運動活動家だったナット・ヘントフがディレクターを務めたことから、そのラインアップには1960年代初頭の公民権運動を音楽によって成功させんとした軌跡が刻まれており、このアルバムもその気概の一翼を担うものとなっている。

歌詞は単純ながら激しいもので、なるほどこれははばかられると思いながらも、リズミックで韻を踏み、まるでラップを先取りしたような完成度の高さを含めて、改めて評価すべき内容なのである。テッド・カーソン(トランペット)とエリック・ドルフィー(アルト・サックス)によるインプロヴィゼーションを交えた演奏も圧巻で、ぜひこの2つのヴァージョンを聴き比べていただきたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

辻󠄀井伸行

今月の音遊人

今月の音遊人:辻󠄀井伸行さん「ピアノは身体の一部、大切な友だちのようなものです」

575views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

9138views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

17349views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

15108views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3155views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

9179views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9887views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9830views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20059views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7134views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4078views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25242views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3155views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6257views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

4026views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3667views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7134views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

16803views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

14867views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

6771views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

10631views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5453views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25242views