Web音遊人(みゅーじん)

仲道郁代

ベートーヴェンの室内楽を語り、奏でる大プロジェクト第2弾/仲道郁代インタビュー

日本を代表するピアニスト、仲道郁代が常に自身の演奏活動の核に据えてきた作曲家、ベートーヴェン。彼の室内楽作品を全曲演奏するという一大プロジェクトが2022年8月からスタートしている。ベートーヴェンの没後200年と自身の演奏活動40周年が重なる2027年に向けた壮大なプロジェクトだ。

作品番号順にベートーヴェンを探求

「これまでベートーヴェンのピアノソナタの全曲リサイタルシリーズを何度か行い、作品間における思考の連なりというものを感じ取ってきました。彼はモチーフを巧みに扱い、その変容や展開によって思考を発展させていく作曲家で、それはピアノソナタだけでなく、他のジャンルでも貫かれています。このプロジェクトでは、作品番号順に通してたどっていくことで、ベートーヴェンの思考に新たに触れることができるのではと期待しています」

前回は、作品1のピアノ三重奏曲第1番から第3番までを演奏しており、今後も作品番号順に演奏を行っていくという。第2回はチェロやバイオリンのためのソナタに、四手のためのピアノソナタや、ピアノ三重奏曲における初期作品が並ぶボリュームのあるプログラムだ。共演者は2013年ティボール・ヴァルガ・シオン国際バイオリン・コンクールで優勝した郷古ごうこすなお(バイオリン)と、2019年ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で日本人初優勝を果たした佐藤晴真(チェロ)、スウェーデン国際デュオコンクールで第1位を獲得した原嶋唯(ピアノ)という注目の若手が揃っている。

「前回、作品1を演奏してみて、後のベートーヴェンの作品に活かされているものが多いと、あらためて気が付きました。また、チェロの複雑さなど、すでに先輩であるハイドンを凌駕するようなものも見受けられます。第2回ではバイオリン、チェロそれぞれのソナタの第1番を演奏することで、各楽器の扱いの巧みさや個々の楽器に対する想いも感じてもらえることでしょう。共演は曲ごとに“この人”という方にお願いをしています。郷古さんと佐藤さんとは、2022年に七ヶ浜で共演をしています。とても素晴らしい音色に感銘を受け、またぜひご一緒したいと思っていました。原嶋さんは私の生徒なのですが、とても丁寧な音楽づくりをする方です」

Vol.1公演の様子

若手演奏家たちと創り上げるベートーヴェンの世界

共演者はすべて仲道自身がオファーをしている。前回、今回共に若い奏者が選ばれているが、それには理由があった。

「若い方たちとの演奏はとても楽しいのです。リハーサルではお互いに忌憚なく色々な意見を交わすことができ、年齢を超えて一緒に音楽をする仲間であるという感覚があります。今回ご一緒する皆さんは強い信念をもった演奏家。一つひとつの音について語り合いながら音楽を探求していけることは、この上ない喜びです」

本プロジェクトでは、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭や、出演者が語る時間も設けているという。

「平野先生は、作品における時代背景や、ベートーヴェンの人生などを解説してくださいます。私たち演奏者は、作品への想いをお伝えしたいと考えています。そのようななかから、また新たな発見をしていただけるとうれしいです」

プロジェクトを支えるCFXとホールの響き

この企画は仲道の中であたため続けていたものであり、それを実現する上で重要なのが会場となるヤマハホール、そしてヤマハのコンサートグランドピアノ「CFX」だ。

「ヤマハホールは室内楽にとってとても素晴らしい環境です。楽器同士の奏でる音が鮮やかに聞こえることで、それぞれがどのような役割を果たし、展開していくかをつぶさに聴くことができます。そして今回も大好きなピアノ、『CFX』が力を貸してくれます。CFXは、楽器のパワーはもちろん、ダイナミクスの幅が広く、より細やかで繊細なニュアンスを表現できるので、ベートーヴェンの魅力を、より実感していただけると思います」

第5回までヤマハホールで予定されているこのシリーズ。名演奏家たちが奏で、語るベートーヴェンの世界。ぜひ会場で、作品の新たな一面に触れてほしい。

■珠玉のリサイタル&室内楽 仲道郁代 ベートーヴェン “ピアノ室内楽”全曲演奏会 Vol.2

日時:2023年4月26日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハホール(東京・銀座)
料金(全席指定):公演チケット6,000円、ドリンクセット6,400円(限定数)、アルコールドリンクセット6,800円(限定数)
出演:仲道郁代(ピアノ)、郷古廉(バイオリン)、佐藤晴真(チェロ)、原嶋唯(ピアノ)、平野昭(音楽学者)
曲目:L.v.ベートーヴェン/チェロ・ソナタ 第1番 へ長調 Op.5-1、チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 Op.5-2、4手のためのピアノ・ソナタ ニ長調 Op.6、ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 Op.11 「街の歌」、バイオリン・ソナタ 第1番 ニ長調 Op.12-1
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

生田絵梨花

今月の音遊人

今月の音遊人:生田絵梨花さん「ステージに立つと“音楽って楽しい!”という思いが、いっそう強くなります」

8635views

音楽ライターの眼

ソロ、室内楽、指揮と多彩な活動を展開するレオニダス・カヴァコスの新たな挑戦

2181views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

4434views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

26969views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4539views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1615views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8899views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5375views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10043views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7868views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

8092views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29862views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

9113views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10043views

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

音楽ライターの眼

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

4415views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11514views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11518views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

23408views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22496views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4641views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

2337views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5375views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9947views