Web音遊人(みゅーじん)

ヤマハの楽器買取サービス「音バトン」

思い出の楽器が、演奏したい気持ちを後押しする!想いをつなぐヤマハの楽器買取サービス「音バトン」

大切に使ってきたけれど、今は使わなくなってしまったヤマハの楽器。そんな楽器を、思い出とともに受け取って次のプレイヤーへとつないでいく。2022年から展開しているヤマハの楽器買取サービスが、2023年8月に名称を一新。「音バトン」として新たにスタートした。

受け取った楽器を丁寧にリペアし、次のプレイヤーへ

買い替えなどで使わなくなったヤマハの楽器を、これから楽器を始める人に渡すことで大切に使い続けてもらいたい。そんな思いが込められたサービス「音バトン」。この前身となるサービスの立ち上げから携わったヤマハミュージックジャパンの担当者に話を聞いた。
「店舗に持ち込まれた楽器は、丁寧に調整・メンテナンスをおこなって再活用します。このサービスは2022年11月からヤマハミュージック 名古屋店をはじめ、いくつかの店舗でトライアル的に実施してきました」(目黒直弥さん)
「それまで、ごく一部の例外を除いて楽器の買い取りはしていなかったため、ほぼ初めての試みです」(大藤洋子さん)
「お客様にはヤマハに楽器買取のイメージがないでしょうし、買い取りを行う店舗も限られていたため、最初は多くの方にご利用いただけるのか不安もありました。しかし、蓋を開けてみると予想を上回って多くの楽器が寄せられ、本格的なサービス開始に向けて手ごたえを感じる結果となりました」(目黒さん)

買い取りの対象となるのは、トランペットやトロンボーンをはじめとする金管楽器、サクソフォンやフルートなどの木管楽器と、ギター、ベースだ。ヤマハの楽器であることと、各部品が調達できてリペアも可能な品番であることなどが条件となっている(品番、価格等の詳細はウェブサイトを参照)。
所有することも目的のひとつであるビンテージ楽器も扱う中古楽器市場とはこの点が異なる。あくまでも楽器を“使ってもらう”ことを念頭に置いているのが「音バトン」のポイントである。

つないでいきたい「ありがとう」という感謝のバトン

「楽器をお持ちいただく方には、楽器のエピソードをうかがうこともあります。これまでにあったのは、息子さんが吹奏楽部に所属していたときに使っていたという思い出の楽器だったり、進学と同時にフルサイズのギターに買い替えたため使わなくなったミニギターだったり……。楽器とともに想いも受け取っている気持ちになりますね」(大藤さん)
そのような“楽器に込められた想い”を聞くことができるのは、楽器の受け取りを郵送ではなく店舗で行っているからだろう。直接の対話をすることで信頼が生まれ、最後に「ありがとう」とお互いに感謝の気持ちを伝えることができる。こうした密接な関係を築くことができるのも、このサービスの特長だ。
「ギターをお持ちいただき、楽器を査定している間に新たな楽器を試奏されて、そのままお買い上げいただいたお客様もいらっしゃいます。店舗にお越しいただくことが、現在進行形のヤマハを知っていただく機会にもなっているんですよね」(目黒さん)

楽器は、部屋に飾って眺めるのもいいけれど、その真価はやはり音を出してこそ発揮されるもの。楽器に新しい音色を吹き込んでくれる人に、気持ちを込めて渡していく。これこそが「音バトン」の目指すところなのだろう。
「ここ数年、社会情勢の変化によって、原材料の手配がむずかしくなるなど、楽器の流通量にも影響が出たこともありました。このような背景もあるので、楽器を大切に使い続ける重要性はますます高まっていくと思います。サステナブルな社会の実現に貢献し、お客様の気持ちをつなげることもできる。『音バトン』がそんなサービスに育っていくといいですね」(目黒さん)
「楽器を始めたいのに、楽器そのものが手に入らないのであきらめる、なんていうのはいちばん悲しいことですよね。『音バトン』は、楽器をやっている方やこれから始めたい方の気持ちを後押しできるサービスだと思いますし、『音バトン』がきっかけとなって楽器演奏を趣味とする人が増えて、音楽を通じた輪が広がっていったらいいなと願っています」(大藤さん)
「音バトン」で生み出される楽器の好循環がどのように音楽の世界を広げていくのか。今後の動きに注目したい。

■ヤマハの楽器買取サービス「音バトン」

詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:家入レオさん「言葉に入りきらない気持ちを相手に伝えてくれるのが音楽です」

7767views

音楽ライターの眼

フラメンコギター、クラシックギター、ジャズギター、3種のギターが交わる名演奏/沖仁×大萩康司×小沼ようすけ“TRES”

2211views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

19530views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

15552views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4725views

調律師 曽我紀之

オトノ仕事人

演奏者が望むことを的確に捉え、ピアノを最高のコンディションに整える/コンサートチューナーの仕事

3434views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23981views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9239views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

24055views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10630views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7797views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9966views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9651views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13846views

音楽ライターの眼

連載7[多様性とジャズ]白人が黒人の“まね”をしていたジャズには歌があったのかなかったのか?

4317views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11529views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

1377views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44537views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14389views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4843views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46635views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10742views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29936views