Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#023 ジャズ界の“彗星”が遺したハード・バップからの決別宣言~エリック・ドルフィー『アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1』編

エリック・ドルフィーの作品を取り上げるにあたり、改めて彼の業績を辿ってみたところ、ボクの脳裏に浮かんだのは“彗星”という言葉でした。

天文学的には“太陽系に属し、放物線のような軌道を描いて運動する星雲状の小天体”を指し、太陽に近づくにしたがって明るさを増して地球上からも目視できるようになるため、その突如として出現する様を人に例えて用いるようになりました。

すなわち、エリック・ドルフィーを“ジャズ界の彗星”と呼ぶような使い方です。

エリック・ドルフィーは1928年に米ロサンゼルスで生まれ、ジュニア・ハイスクール時代から音楽に興味を抱くようになり、大学へ進んで音楽学を専攻しています。

30歳になるまでは、ウエストコースト・ジャズのシーンでは腕利きとして知られるようになりながらも、注目度としてはイマイチ。レコーディングされた音源も数えるほどしか残っていません。

転機が訪れたのは、1959年の暮れも押し迫るころ。

ニューヨークへ活動の拠点を移したエリック・ドルフィーは、チャールズ・ミンガスのグループに参加。中核メンバーのひとりとして個性を存分に発揮するようになります。

“個性を存分に発揮”というのは、それまでビバップの祖であるチャーリー・パーカーに追随し、それを範としていた彼のプレイスタイルが、音色もフレーズもエリック・ドルフィーにしか出せないものに変化していったことを意味します。

そして1960年になると、満を持してソロ名義の制作に取りかかり、その年のうちに3枚のリーダー・アルバムを完成させてしまうのです。

翌1961年、トランペット奏者のブッカー・リトルと双頭コンボ(2人をリーダー格とする小編成バンド)を結成して、2週間のスケジュールでニューヨークのジャズクラブ“ファイヴ・スポット”に出演。

そのうちの7月16日に行なわれたライヴ・レコーディングの音源によって、本作は構成されています。


Fire Waltz

アルバム概要

オリジナルはLP盤でリリースされ、A面に2曲、B面に1曲の計3曲で、CD化にあたってA面2曲目の『ビー・ヴァンプ』の別テイクが加えられ、4曲収録となっています。

メンバーは、アルト・サックスとバス・クラリネットのエリック・ドルフィー、トランペットのブッカー・リトル、ピアノのマル・ウォルドロン、ベースのリチャード・デイヴィス、ドラムスのエド・ブラックウェルの5名。

曲はすべてメンバーのオリジナルで、『ファイアー・ワルツ』がマル・ウォルドロン、『ビー・ヴァンプ』がブッカー・リトル、『ザ・プロフェット』がエリック・ドルフィーによるものとなっています。

“名盤”の理由

本作が“名盤”とされるようになった背景には、メンバーの“死”が大きく関係していると言わざるをえません。

誰の“死”かと言えば、コ・リーダーであるエリック・ドルフィーとブッカー・リトルです。

特にブッカー・リトルは、本作レコーディングから2か月半後の10月5日、そのリリースを見ぬまま病死してしまいます。

そして、ジャズ界はその喪失の大きさを、彼の死の直後にリリースされた本作で知ることになったわけなのです。

残されたエリック・ドルフィーもまた、ジョン・コルトレーンのグループやギル・エヴァンス・オーケストラへの参加、チャールズ・ミンガスとの再共演など、数々のジャズ史を彩るエポックを生みながら、1964年にツアー先の旧東ドイツ・西ベルリンで心臓発作により急逝。

エリック・ドルフィーが享年36歳、ブッカー・リトルは同23歳という若さでした。

2人はニューヨークで出逢ったようで、1960年12月に制作されたエリック・ドルフィーのアルバム『ファー・クライ』にブッカー・リトルが参加。

この共演を音楽的に発展させようとしたのが、ジャズクラブ“ファイヴ・スポット”への出演だったと考えられます。

いま聴くべきポイント

1955年にビバップの創始者のひとりであるチャーリー・パーカーが逝去すると、ジャズ界は“次なるシーンの変革者”を探し求めるようになりました。

チャーリー・パーカーと同じアルト・サックス奏者でその最左翼にいたのが、オーネット・コールマンとエリック・ドルフィー。

大勢がビバップの延長線上で爛熟していったハード・バップを主戦場とするなかで、2人はチャーリー・パーカーの影響を受けながらも、どうすればチャーリー・パーカーがやらなかったアプローチを具現できるかに腐心することになります。

実は、前述の『ファー・クライ』は、チャーリー・パーカーとの名コンビで知られるトランペットのディジー・ガレスピーを擁したクインテット・スタイルを大いに意識した内容になっています。

しかしエリック・ドルフィーはあえてバス・クラリネットやフルートでの演奏に振り分けることで、“脱チャーリー・パーカー”を試みようとしたことがうかがえるのです。

恐らくその『ファー・クライ』のセッションで“脱チャーリー・パーカー”のイメージをつかんだエリック・ドルフィーは、ブッカー・リトルとともに真正面から、つまりアルト・サックスをメインとして新たなるジャズにも挑もうとした──というのが、ファイヴ・スポット出演の動機だと思うのです。

本作のあと、エリック・ドルフィーはトランペットとサックスをフロントにしたクインテットにこだわることなく、より柔軟な編成で自らの内から湧き出る音楽を放つようになっていきます。

それはエリック・ドルフィーが、範としてきたチャーリー・パーカーを本作で超え、同時代に脚光を浴びるハード・バップとも袂を分かつ決意に至るに足る、満足のいくチャレンジだったことを示せたから──だったのだと思います。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

5798views

音楽ライターの眼

連載9[ジャズ事始め]日本にジャズの維新をもたらした井田一郎という志士

4728views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16870views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

98113views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10072views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3411views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4671views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9148views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30423views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5833views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4529views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29615views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15294views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22231views

音楽ライターの眼

連載37[ジャズ事始め]留学先から“アメリカならではのジャズ”を持ち帰らなかった佐藤允彦が示したものとは?

1911views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30794views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4282views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

7100views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2552views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

8141views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10537views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13641views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25035views