Web音遊人(みゅーじん)

ジョンレノンが弾いた万平ホテルのヤマハピアノ

ジョン・レノンゆかりの軽井沢を巡る旅〜『イマジン』のメロディとともに〜

マッシュルームカットにミリタリー調のステージ衣装、そして新しい音楽性。ビートルズが圧倒的なインパクトで世界中を熱狂させた時代、私はまだ生まれていなかった。解散してメンバーそれぞれがソロ活動を始めた、なんてことも知らず、ジョン・レノンが音楽活動を休止していた頃には、おそらく私は無邪気に友だちとピンク・レディを踊っていたんだと思う。

皮肉なことに、ジョンが銃弾に倒れるという悲劇によって、初めて私は彼の音楽と出合うことになった。遊びに行った友だちの家で、ジョンの死を悼んだ彼女のお姉さんが『イマジン』を聴かせてくれたのだ。なんてステキな声とメロディなんだろう!中学1年生になっていた私の心にジョンが住みついた。

大人になって軽井沢を訪れることになったとき、どうしても行きたい場所があった。それは、ジョンゆかりの地。音楽活動休止中だった1977年から1979年まで、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにまだ幼い息子のショーンを連れて毎年夏に軽井沢を訪れている。
旧軽井沢の奥に続く並木道に、目当ての万平ホテルがたたずんでいた。約120年の歴史をもつこのクラシックホテルのアルプス館128号に、ジョン一家が毎年ステイしていたことはあまりに有名。ファンなら、一度は訪れたい場所なのだ。

ジョン・レノンゆかりの軽井沢を巡る旅〜『イマジン』のメロディとともに〜

1階のカフェテラスで、ジョンが愛したというクリーミーなロイヤル・ミルクティーをいただいた。聞けば、“愛した”というよりジョン“直伝”なのだという。かつてジョンも、このロイヤル・ミルクティーと窓の外に広がる緑に心癒されていたのだろうか。
万平ホテルでは、こんなエピソードもある。ダイニングルームに置かれていたヤマハのアップライトピアノをジョンがとても気に入って、どうしても売ってほしいとホテルと掛け合ったとか(写真1枚目)。しかし、万平ホテルは譲らなかった。時を経て、そのピアノは、ホテル内の史料室に展示されていた。そのピアノを前にしたとき、何度聴いたかわからない『イマジン』が再び頭のなかに流れ始めた。

万平ホテルカフェのミルクティ

ジョンが好きだったという見晴らし台や小野家の別荘。贔屓にしたパン屋「フランスベーカリー」、一家がよく訪れたというカフェ「離山房」。軽井沢のそこここに、ジョンの足跡が残っていた。ゆかりの地めぐりをするなか、当時ピンク・レディの歌まねをしていたはずの私が、リアルタイムでジョンを愛していたような不思議な感覚に襲われていた。

実は私は、各地のゆかりの場所にも足を運んでいる。アビイ・ロードやダコタ・ハウス、ビートルズが修行したインド・リシケシのアシュラム……。でも、私にとって軽井沢は、もっとも穏やかなジョンが感じられる場所だった。5年間の音楽活動休止中、自らをハウス・ハズバンドと称して育児や家事も行ったジョン。世界を虜にし、40歳の若さで没したスーパースターは、亡くなる前の数年間、ここで家族とともに本当に幸せな時間を過ごしたと思うのだ。

アーティストの足跡をたどったり、好きな曲に出てくる場所を訪ねたり、はたまた旅先でコンサートや楽器を楽しんだり。そんな音楽の旅を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。会員誌『音遊人』の次号のテーマは「音楽に出合う日本の旅」。その特別企画として、旅人として誌面に登場していただける方を大募集します!

■募集要項

●応募条件:1~3名でご参加いただける20歳以上の方
※ 旅行に参加される方のうち、1名以上がFC会員様であることが必須です。
●旅行内容について:
旅行時期(撮影日):2016年1月中旬の1日間(予定)
旅行先(国内):応募内容を参考にし、ご相談のうえ決定させていただきます。
旅費:現地までの往復交通費はご負担ください。撮影日の諸費用(現地交通費、入場料、飲食代等)と1泊分の宿泊費はお支払いさせていただきます。
●応募方法:
応募用紙に必要事項を明記のうえ、旅行に参加される方が写ったスナップ写真(なるべく最近のもので参加者全員分、複数枚でも結構です)を添えて、封書でご応募ください。
応募用紙はこちら(PDF)
●応募締切:2015年12月11日(金)当日消印有効

※ 誌面にご登場いただく方には、12月中~下旬に音遊人編集部よりご連絡させていただきます。
※ 選考結果についてのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※ご応募いただいた際に取得するお客様の個人情報は、誌面にご登場いただく方へのお知らせと応募書類の返却のみに使用させていただきます。

 

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

5477views

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

音楽ライターの眼

年末年始はメタル漬け20時間!メタリカ『マスター・オブ・パペッツ』豪華BOX

3833views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

5960views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

12092views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3522views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2470views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

4992views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2599views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3793views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

590views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1925views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11193views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

2038views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11371views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.2

1610views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

4734views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

4752views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4107views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

738views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

2677views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

34439views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1279views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12616views