ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ジャズとロックの関係性
音楽ライターの眼
ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

1967年6月、ウェス・モンゴメリーはニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオに赴いて収録を行なった。

オーケー・テイクは10曲。当時のLP盤で言うところの、A面5曲にB面5曲という構成だ。

両面のトップに据えられたのが、ビートルズ・ナンバーの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」と「エリナー・リグビー」だった。

とはいえ、ウェスのオリジナル(「エンジェル」)を含むほかの8曲はビートルズの曲ではなく、このあたりにも“おんぶにだっこ”的な印象を強めないようにというプロデューサーの配慮が感じられる。

むしろこのアルバムの特色は、ジャズのスタンダードと呼べる曲が「ウィロー・ウィープ・フォー・ミー」ぐらいというほど“ジャズ色”を薄めた選曲で、それまでのジャズの概念を覆そうという“主張”を意識してもらおうとの意図さえ感じる。

編成は、ギター・クァルテットにパーカッションをプラスしたコンボを軸に、ストリングス・オーケストラが加わるというスタイル。

クインテットには、マイルス・デイヴィス・クインテットで功名を立てていたハービー・ハンコックとロン・カーター、すでにトップ・ドラマーとして人気を博していたグラディ・テイトを招聘。

そこへ“コンガの巨人”レイ・バレットらパーカッショニスト3名を配して、ラテン・ジャズ寄りのリズミックなサウンドを目論んでいたことがうかがえる。

豪華なのがストリングスだ。12本のヴァイオリン、2本のヴィオラ、2本のチェロという、厚みを出しながらもウェスの太いギターの音域に被りすぎない編成。さらにフレンチホルンやフルート、ハープなどできらめき感を増幅させようという演出だろう。

このアレンジを担当したのが、ドン・セベスキー。

1937年生まれの彼は、トロンボーン奏者としてカイ・ウィンディング、クロード・ソーンヒル、トミー・ドーシー、メイナード・ファーガソン、スタン・ケントンといったバンドでキャリアを積み、1960年代には自分でアレンジした曲の指揮をする活動を始めていた。クリード・テイラーもこうした彼の活動に着目して、ヴァーヴ・レコード時代から彼を起用するようになったのだと思われる。

ちなみに『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』を制作した1967年のウェス・モンゴメリーは44歳、対するドン・セベスキーは30歳という若さだった。また、ポール・マッカートニーは25歳、ジョン・レノンは27歳だったから、クリード・テイラーのアタマのなかでは、ウェスがラテン・ジャズなテイストのなかでリラックスして弾いた演奏を、ビートルズ世代と言っていいドン・セベスキーにうまく“包んでもらおう”と考えていたに違いない。

A面1曲目、アルバム・タイトルにもなっている「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」は、ベースのルートとピアノのリフレクションでブルージーさを保ちながらも、リズムにはコンガの細かいアクセントを入れて、いわゆる4拍子のブルースとは異なるテイストを醸し出している。

そこにストリングスを、べったりと貼り付けるのではなく、効果音のように混ぜ込ませようとしているところが、従来のジャズに見られた“ウィズ・ストリングス”とは一線を画するところだ。ヴァイオリンよりもハープをクローズアップさせているのも斬新。

B面トップの「エリナー・リグビー」は、逆にイントロを弦楽奏でまとめ、オーソドックスにギター・コンツェルト風なアプローチのなかでウェス・モンゴメリーにメロディを委ねている。

ただ、全体を通してコンガがリズムをキープし、クラシック側にもジャズ側にも振れすぎない“楔(くさび)”となっているところが、この曲のポイントだ。

ヒット曲をカヴァーして注目されればいい、ジャズの殻を破るためにストリングス・アレンジで目先を変えればいい――といった単純な思考では、ウェス・モンゴメリーは動こうとせず、クリード・テイラーも満足しなかったのだろう。

それを超えようとしたマジックがあったからこそ、このアルバムは1967年を象徴するアルバムとして、ジャズ・チャートの1位、R&Bチャートの2位、総合チャートの13位という結果を残すことができたのだ。

今回で、ジャズとビートルズの邂逅を巡る考察はひとまず終えたい。が、ジョン・コルトレーンとビートルズの関係がまだ棚上げだったかな?

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち