Web音遊人(みゅーじん)

ドビュッシーと歩くパリ

目と耳でドビュッシーの人生と音楽を味わうおしゃれなガイドブック/『ドビュッシーと歩くパリ』

20世紀初頭のフランスを代表する作曲家として知られるクロード・ドビュッシー。彼が暮らしたパリの街をガイドしながら、その人間性や人生模様、楽曲が作られた背景に迫ったのが、ドビュッシー演奏の第一人者として知られるピアニスト中井正子の『ドビュッシーと歩くパリ』(新装版/CD付き)だ。

パリ郊外の街で生まれたドビュッシーは、5歳のときに家族とともにパリへ越してから、市内で何度も転居しつつ人生の大半をパリで過ごした。彼が生きていた約150年前から、ほとんど変わっていない歴史あるパリの街。今でも彼が暮らしたアパルトマンや、ピアノの先生の邸宅、10歳から22歳まで通ったパリ音楽院(現・パリ国立高等音楽院)の校舎などが残っており、中井は足跡を一つ一つたどっていく。

裕福な家庭の出ではないが、並外れた音楽性を持ち、パリ音楽院のソルフェージュのクラスで、特別に賞が与えられるほど優秀だったドビュッシー。彼の楽曲は形式がないとされ、特にピアノ曲は自由気ままなテンポで演奏されがちだが、「ソルフェージュがよくできるということは、テンポの感覚も良いということだ。なんとなく自分らしい演奏をすればいいと誤解して、テンポやリズムを勝手に解釈されてしまったら、ドビュッシーは我慢できるだろうか」(本著より)と、ドビュッシーの音楽は意外にもリズム・テンポが緻密に作られており、音楽的な演奏にソルフェージュの正確さが不可欠であると中井は説く。
また、彼の作品に大きな影響を与えたのが、画家や詩人などの文化人との交流。本著では、楽曲『喜びの島』の発想の元になったアントワーヌ・ヴァトーの『シテール島への巡礼』(ルーヴル美術館収蔵)をはじめ、作曲のインスピレーションとなっただろう絵画や詩歌、パリの風景などと紐づけて楽曲が紹介されており、彼の音楽を理解するヒントを与えてくれる。

パリの街は、中井が17歳で留学し、自分の音楽をみつけた場所でもある。中井はドビュッシーの生涯を追うと同時に、自身がパリ国立高等音楽院で学んでいたときのエピソードや、パリで知り合った人達との思い出を織り交ぜつつ、暮らした者にしかわからない、とっておきのスポット、観光情報を教えてくれる。ときおり挟み込まれる、パリ在住のカメラマンによる雰囲気のある写真と、中井が自ら描いたイラスト地図も、一緒に旅している気分を盛り上げてくれるキーアイテムだ。

付属のCDには、『亜麻色の髪の乙女』『月の光』などの有名曲から最晩年の小品まで、選りすぐりの19曲が中井正子の演奏で収録されており、巻末には作品解説もある。ドビュッシーファンの人はもちろん、よく知らないという人も、CDを聴きながら彼の人生や彼が愛したパリの風景に思いを馳せれば、もっとドビュッシーのことが知りたくなる。そして、本著を片手にパリの街を歩いてみたくなることだろう。

■作品紹介

『ドビュッシーと歩くパリ(CD付)』
著者:中井正子
発売元:アルテスパブリッシング
発売日:2018年4月20日
価格:2,200円(税抜)

 

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

8045views

音楽ライターの眼

シューベルト「弦楽五重奏曲」、C調言葉は変幻自在/宮田大と仲間たち~ウェールズ弦楽四重奏団と共に~

4645views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

11023views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

13040views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7872views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

12218views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18933views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10575views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18610views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

8346views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

7125views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7801views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9708views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20655views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

3900views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4900views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8939views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

23398views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18506views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6961views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15652views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5359views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7801views