Web音遊人(みゅーじん)

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

2001年の春まだ浅き日のこと。

ボクは、あるレコーディングを取材する機会に恵まれた。

場所は、東京・信濃町にあったソニー信濃町スタジオ。

いまはもう跡形もなくなってしまったこのスタジオがジャズ史に遺した業績を語り始めると、また半年ほどのシリーズになってしまうので、今回は割愛。

しかし、実際に見ることができた2日間のレコーディングが、その業績を裏付けるものであるとともに本稿の趣旨に沿うものだと考えるので、先に進みたい。

ジャズ史に残るレコーディングとは?

そのレコーディングは、ピアノとドラムスのデュオで予定されていた。

ピアノは、1960年代から商業音楽の世界で作品を数多く発表して頭角を現わし、70年代以降は自身のバンドを結成するなど、ジャズ・アプローチを前面に押し出した活動で日本のジャズ・シーンにおける強烈な牽引力となった渋谷毅。

ドラムスは、1970年代前半の山下洋輔トリオ時代に桁外れの起爆力と繊細な表現力を併せもった希有なリズム・クリエイターとして世界的な注目を浴び、以降はマイペースながらも渋谷毅とはまったく異なる角度で日本のジャズ・シーンを牽引する森山威男。

日本ジャズ界のなかではかなり離れたポジションに位置していた(と思っていた)両巨頭が顔を合わせることで“なにかが起きるのでは!”という期待感が、このオファーとして具現したのだろう。

日本を代表する超一流のインプロヴァイザー同士のデュオなのだから、破綻はもちろん、凡作に堕することもないという考えが、その期待を担保していた。

しかし、前述のように2人の個性、すなわち音楽的なアプローチ(もしくは“イディオム”と呼ばれる共通認識)にはかなり隔たりがあり、2人でひとつの作品を(お互いに満足できる形で)完成させることができない可能性も少々、いや、かなりあったはずだ。

ジャズには、異文化をあえて吸収することによって、表現芸術としての体(てい)を整えてきた歴史がある。そのため、“イディオム”が違っていても気にしない、あるいは、むしろなにか“変化”が起きることを期待する風潮が強かったりする。

この風潮をボクの新デュオ論では“旧習”として位置づけ、“当たり”すなわち“変化の発生率”がとても低い、効率の悪い企画だと判断せざるをえないと考えていた。

なによりも、ミュージシャン自身がこの非効率さを感じていたからこその、新デュオ論的展開だったはずなのだ。

結果的に、渋谷毅と森山威男によるアルバム『しーそー』は、それぞれのイディオムを予想外にうまく融け合わせることができた名作として、歴史に刻まれる1枚になった。

つまり、“旧習”における珍しい“当たり”だったわけだ。

この時点で、このデュオをボクの新デュオ論の素材として用いる理由は消えてしまったはずだった。

しかし、この2人のデュオには、話の続きがあったのだ。

『しーそー』レコーディングの2日目、前日の不調(実は初日にオーケー・テイクがほとんど録れず、まさに“破綻”しそうな空気が流れていたのだ)が嘘のようにトントン拍子で予定が消化され、撤収時間よりかなり早く“解散”という雰囲気になっていた。

この、初日と2日目のスタジオの空気の変化に、新デュオ論のヒントが隠されていたのだけれども、それに気がついたのが2018年の現在という、なんとも鈍感な取材者だったことを先にお詫びしておこう。

すまん!

“デュオの変化”のヒントとは?

演奏を終えた森山威男が、「じゃあ、お先に……」と、煙のように姿を消してしまう。

一方の渋谷毅は、ピアノの前を離れようとせず、「もうちょっと弾いてもいいかな」と言い出した。

再びスタジオはレコーディング・モードに戻って、今度はピアノ・ソロの収録が始まったのだ。

このときの演奏が、単なる試し弾きのレヴェルに終わらず、作品として成立するものにまでなっていたことは、この音源が『アフタヌーン』として正式リリースされたことで説明がつくだろう。

ボクは、この一連のハプニングを運よく目撃することができたのだけれど、当時は渋谷毅の心境にたまたま起きた“変化”が引き起こした“幸運”としか理解できていなかった。

でも、“変化”が起こるには“原因”があるはずだ。

今回、ボクが一連の新デュオ論を考察するなかで、この渋谷毅と森山威男のデュオを“旧習”に振り分けたままにしておくことに抵抗があったのは、渋谷毅の心境に“変化”をもたらした“原因”に新デュオ論を考えるヒントがあったんじゃないかというモヤモヤが拭いきれなかったからなのだと思う。

肝心の“ヒント”とはなにを指すのかといえば、森山威男が繰り出す倍音に、渋谷毅がピアノのチューニングを変えてまで合わせようとしたことで生まれた“景色”。

その“景色”が、まず『しーそー』の心地よい空気感をつくり、それに魅せられた渋谷毅は予定外のソロ・ピアノ作をつくってしまったのではないか、と。

つまり、『アフタヌーン』はソロ・ピアノ作でありながら、デュオでもあるのだ。なぜならば、デュオの『しーそー』がなければ生まれなかったはずなのだから……。

さて、新デュオ論はひとまずここで筆を置くことにしようかな。

関連記事:ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:Crystal Kayさん「音楽がなかったら世界は滅びてしまうというくらい、本当に欠かせない存在です」

421views

音楽ライターの眼

バッハからショパンへ、大人のロマンティシズム/牛田智大 ピアノ・リサイタル

12039views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

4457views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

20880views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11137views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

14196views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10378views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1019views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6143views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

5963views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4209views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7327views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5895views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11436views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

3490views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

25533views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

6962views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

9320views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6964views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6734views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

33409views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5028views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7327views