Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとロックの関係性

ジャズ・ギターの革命児がビートルズに出逢うまでのプロローグ

1960年代は、社会情勢に連動するように、ジャズでも“革命”が叫ばれる時代だった。

調性やテンポなどの規則性から離れたフリー・ジャズが隆盛を見せたことを、この“革命”になぞらえるケースも多い。

しかし実は、その対極とも言える“エンターテインメントなジャズ”においても、“革命”は着実に、しかもかなり大きな規模で進行していたことが、振り返ってみると浮かび上がってくる。

その“革命”に影響を与えた、いや、原動力と言っても過言ではないのがビートルズだったのではないか――という前置きをして論を進めたい。

ウェス・モンゴメリーが背負っていたジャズ・ギターの“負の遺産”

2018年は、ジャズ・ジャイアイツのひとりとして挙げられるウェス・モンゴメリーの生誕95年、没後50年という節目の年に当たる。

兄弟で“モンゴメリー・ブラザース”というユニット活動をするほどの音楽一家に育ったが、ギターを始めたのは20歳になるちょっと前というスロースターターだったことも、彼がジャズ・ギターの継承だけに目を向けなかったことに関係しているのかもしれない。

彼がギターを始めた1940年代当時、ギター少年の憧れの的はチャーリー・クリスチャンとジャンゴ・ラインハルトだった。彼もまた、一途にチャーリー・クリスチャンを手本に練習を重ね、ほどなく上達すると、兄のモンクや弟のバディとともに地元のクラブに出演するようになる。

40年代後半になるとライオネル・ハンプトン楽団に参加し、プロとしての活動を始めるも、音楽で生計を立てるまでには至らず、故郷のインディアナポリスで再起を期していた。

彼に運が向いてきたのは1959年。当時、ハードバップなど先取的な演奏家を多く取り上げることで注目されていたニューヨークのレーベル“リヴァーサイド”と契約し、実質的なデビュー作となる『ジ・インクレディブル・ジャズ・ギター』を1960年リリースすると、そのテクニックとフィーリングのすばらしさで一躍“斯界の寵児”と呼ばれるようになったのだ。

その時点での彼の位置づけは、チャーリー・クリスチャンの系譜を継ぐ“ジャズ本流のギタリスト”であり、リヴァーサイド・レーベルもそれを彼の“推し”としていた。

しかし、その盛り上がりも長くは続かなかったようだ。先行きに不安を感じさせるような状況が迫るなかで、彼は1964年にある決断をする。レコード会社を移籍して、心機一転を図ることにしたのだ。

新天地はヴァーヴ・レコード。ここでウェス・モンゴメリーは、それまでのジャズ・ギターというカテゴリーを大きく超えた世界へと踏み出す機会を得ることになる。

そこへ導いたのは、彼が背負っていたジャズ・ギターの“負の遺産”であり、そこから彼を解き放したのがビートルズだった――という話の続きは次回。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

2844views

トッレ・デル・ラーゴにある等身大のプッチーニ像

音楽ライターの眼

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.2

4410views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

10197views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

10517views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9528views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

13441views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7897views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3383views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8110views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2207views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4825views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19560views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4663views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14401views

音楽ライターの眼

連載12[ジャズ事始め]フィリピンが“ジャズ・ミュージシャン養成所”となったのは大航海時代の植民地支配が関係していた?

984views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

2748views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1561views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

22142views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7381views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

3904views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

36174views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

6856views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19560views