ハイレゾ、ドルビーアトモス オーディオ新時代を体験「オーディオ・ホームシアター展2014」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ハイレゾ、ドルビーアトモス オーディオ新時代を体験「オーディオ・ホームシアター展2014」
ハイレゾ、ドルビーアトモス オーディオ新時代を体験「オーディオ・ホームシアター展2014」

いま巷で話題の「ハイレゾ」とは、CDを超えた高音質オーディオの新しいフォーマットのこと。オーディオマニアでなくとも、その名前を聞いたことのある方、多いのではないでしょうか。ただ「今までにない高音質」といっても、こればかりはいくらネット検索しても詮無きこと。実際に体験しなければわかりません。そこで今回ご紹介したいのが、入場無料でオーディオ各社の製品の音を聴くことができるイベント「オーディオ・ホームシアター展2014」です。

ヤマハブースではHi-Fiオーディオの新製品である「S2100シリーズ」のシステムを展示予定。ヤマハHi-Fiオーディオの伝統であるナチュラルサウンドの真髄が堪能できます。CDプレーヤー「CD-S2100」は、最先端のハイレゾ音源も再生可能で、その試聴も行えます。

S2100

CDプレーヤー「CD-S2100」(左)とプリメインアンプ「A-S2100」(右)。どちらも当日試聴が可能だ。

またホームシアター用製品では「RX-A3040」を出展。こちらは今年発表されたサラウンドの最新規格「ドルビーアトモス」に対応した最新AVアンプ。ドルビーアトモスは、今までのサラウンドスピーカーに加え天井にもスピーカーを設置することで音が立体的になり、かつてないほどリアルな音場が実現できるのだとか。ヤマハブースでは「7.2.4」という天井に4本のスピーカーを設置するシステムで試聴を予定。なかなか体験できない最新のサラウンド音場、ぜひ体験したいところです。

 その他、各社の展示以外にも各種セミナーやコンサート、NHKによる8Kスーパーハイビジョンのデモ、イヤホンやステレオラジオを製作する工作教室(有料)などもあり、見どころは満載ですが、特に私が注目しているのが「オーディオ4社5ブランド合同プロジェクト〜ハイレゾで蘇る、あなたのヒットチャート」というコーナー。こちらはオンキョー、デノン、パイオニア、マランツ、ヤマハの5ブランドが、それぞれの製品を組み合わせてハイレゾ音源が再生できる比較的お手頃なシステムを提案するというもの。しかも副題に「あなたのヒットチャート」と題されているように、自分で音源を持参するとそのシステムで再生してくれるのだとか。さらにメーカーオフィシャルの展示ではまず使用しないようなポップスや歌謡曲、懐メロなどによる試聴コーナーもあるそうです。極秘情報としては「ハイレゾで聴く石原裕次郎」のコーナーもあるらしい…。うーん、ぜひ聴いてみたいです。

■「オーディオ・ホームシアター展2014」

会期:2014年10月17日(金)〜19日(日)
会場:タイム24(東京都江東区青海2-4-32)
入場料:無料(一部イベント有料)
開催時間など、詳しくはこちらでご確認ください。

■Yamaha HiFi History

ヤマハHiFiプレーヤーが誕生した1954年から現在に至るヤマハHiFiオーディオの挑戦の歴史や、それを彩った代表的製品をピックアップして紹介しているスペシャルサイト

文/ 池谷恵司