Web音遊人(みゅーじん)

歌からも楽器からも『VOICE』を感じてほしい。アルバム『VOICE』で切り拓いた新境地/柏木広樹インタビュー

まるで1枚の絵画や絵葉書、あるいは1本の映像作品を見ているような、もっと言えば、世界中を旅しているような気分にさせてくれる音楽。チェリスト/作曲家として各方面からひっぱりだこの柏木広樹が2年ぶりに発表した新作『VOICE』は、そんな彼の魅力が存分に詰め込まれた力作だ。

柏木といえば、2019年公開された映画『雪の華』で、葉加瀬太郎と共に劇中音楽を手がけたことでも話題を呼んだが、本作の『VOICE』というタイトルは、主人公が働くカフェの名前と同じだったので、ひょっとすると関係があるのか?と聞いてみると「あっ、本当だ!いま気がついた!」とのこと。「でも自分は音楽制作の過程で、映像を何度も何度も、もう世界でいちばん見たといっても過言ではないぐらい見たから、無意識に感化されていたのかもしれません」

柏木がこのタイトルを選んだのは、さまざまな「声」が欲しかったから。チェロはよく「人の声にいちばん近い音を出す楽器」と言われるが、加えて人間の「声」も入れていきたいという想いもあった。アルバム冒頭を飾る『アフリカゆき~ドリトル先生より~』では本作のプロデューサーであるピアニスト・光田健一がコーラスで参加するグループ、ザ・ハモーレ・エ・カンターレがトロピカルな香りのする曲調に彩りを加え、奄美民謡の里アンナが参加した『One』では、彼女の歌と柏木のチェロがスリリングに絡み合う。
「アンナさんとは以前から機会があったら共演させていただきたいな、と思っていました。曲は、歌とチェロがまるでツインボーカルのようにメロディを紡いでいく様子を意識して書いています。エキゾチックなアンナさんの歌と、『ド』が付くぐらいの西洋楽器であるチェロが、なんとも不思議なことにボーダレスに融合していく感じを聴いていただけたら、うれしいですね」
声、そして歌というテーマでレコーディングを続ける中、柏木にはひとつの気づきがあったという。
「確かにチェロは人の声に似ているとか、人の声をたくさん入れたいとか言っていたけれど、レコーディングに参加してくれたみなさんそれぞれのやり方で歌っているんですよね。例えば、ゲストで参加してくれた藤原道山くんは尺八で歌っている。そう気づくと、『VOICE』というタイトルにますます愛着が出てきました」

そして、プロデュースを光田健一に依頼したことも、いい結果をもたらした。柏木と光田は毎年2人で全国をツアーして回るなど、盟友、同志といえる存在だ。
「僕はこれまでずっとセルフ・プロデュースでアルバムを作ってきて、前作では半分ほど光田さんにやってもらったのですが、そのときに、どこか自分が開放される感じがしたんですよね。自分のことを客観的に見る難しさを知ったというか。それで今回は全面的にお願いをしました」
柏木のことをよく知る光田だからこそのアドバイスが、レコーディングでの演奏スタイルを変えるきっかけになったという。
「出来のいいものを残そうと考えると、守りに入ってどんどん心が小さくなっていってしまいますよね。そこを光田さんは見逃さない。自分が『上手くいった!』と思って『これでいこうと思うんだけど』と言うと、必ずダメを出されるんです。『だって、歌ってないじゃない。ライブのときはいつも、もっと歌ってるよね?』って。それで自分も『アルバムというパッケージを作ることではなく、歌い切ることが目標だ、自分は歌手なんだ!』と思って演奏に集中できました。多少、粗かったとしても、歌い切ったほうが音楽的な価値は高い。そう思えるようになったのは前作からですね」

さて、本作には、森沢明夫の小説『エミリの小さな包丁』の世界を音で表現した曲、富山の富美菊酒造のテーマソングであり、藤原道山をフィーチャリングした『羽根屋』をなど、歌心満載の楽曲が並ぶ。そして、冒頭に記したとおり、どの曲もその情景が目に浮かぶようだ。そんな曲たちはどのように作られるのだろうか。
「僕は『絵』がないと曲を作れないんですよ。取材に行って、景色を見て、写真を撮って。富山の富美菊酒造さんでは、実際にお酒造りの工程も見せていただきました。そうして自分の中でイメージを作って、それにメロディをつけていく。写真を見ながら、そのときとは違う季節、違う天気を想像するときもあります。この作業は楽しいのですが、どうしても時間はかかってしまいますね」
来年は『VOICE』リリース記念のライブ、そして光田健一とのデュオ・ライブ「二人旅」で全国をツアーする。もちろん「二人旅」でも『VOICE』からの曲を披露する予定だ。
「リリース記念ライブでは、ゲストに注目です。名古屋と大阪は里アンナさん、東京ではザ・ハモーレ・エ・カンターレ、札幌には藤原道山くんが来てくれます。みなさん1曲だけの出演というわけにはいきませんからね、楽しみにしていてください。歌からも楽器からも『VOICE』を感じられるコンサートなるはずです」


柏木広樹「Spirit of the Forest」Music Video

■アルバムインフォメーション

『VOICE』

発売元:株式会社ハッツアンリミテッド
発売日:2019年10月2日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら

■『VOICE』リリース記念 チェロ・コンサート2020

・名古屋:1月16日(木)NAGOYA Blue Note
・大阪:1月21日(火)Billboard Live OSAKA
・東京:3月7日(土)渋谷区文化総合センター 大和田さくらホール
・札幌:3月27日(金) 札幌コンサートホール Kitara 小ホール
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

2725views

音楽ライターの眼

映画「グリーンブック」で感じた“ジャズ”と“クラシック”の高い壁

931views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

3379views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

12684views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5586views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

10270views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1076views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2720views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6092views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5966views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2373views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3569views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4810views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6641views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

2269views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

9853views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1491views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6963views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1076views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2134views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

1617views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2720views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13923views