Web音遊人(みゅーじん)

ギター経験者が「弾いてみたい!」という誘惑にかられるアルバムは、快適サウンドの詰め合わせ/ゴンチチ『Assortment』

テレビや映画、ラジオなどを日常的に楽しんでいる方であれば、(意識するしないは別としても)ゴンチチの曲を必ず聴いているだろう。1978年に結成されたこのアコースティックギターデュオは、音楽業界人の間で話題となった後に1983年になるとレコードデビュー。あまりにも気持ちの良いサウンドと関西弁を繰り出す二人のキャラクター(そのギャップたるや!)で人気を集め、癒し系音楽ブームをリードしたアルバムシリーズ『イマージュ(image)』でも常連となった。

基本的にはゴンザレス三上がメロディを、チチ松村がコードワークを軸とした伴奏パートを担当するが、もちろん主従ではなく両者の音楽が対等に絡み合い、「合わせ技で1本」という関係性によって唯一無二の音楽が生まれているのだ。2018年にはデビュー40周年を祝ったが、ゴンチチ・サウンドは変わらずに瑞々しく、私たちに「音の楽園」へのパスポートを提示してくれる。『アソートメント(Assortment=品揃え、各種取りそろえ、詰め合わせ、などの意味)』と題された最新アルバムもまた、心も身体も脳もすべてを解放してくれる一枚だ。

アルバムがスタートすると、聞こえてくるのは端正な音の連続による可愛らしい音楽。ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲の『ゴルドベルク変奏曲』から第18変奏、つまりクラシックの名曲である。しかしゴンチチの2人は、まるで素敵な物語が始まるような雰囲気を作り出してくれ、音楽にジャンルは関係ないということをあらためて教えてくれる。

シンプルなワルツナンバーの『君と住む街で』、ポカポカした休日の陽だまりのような『Floating Bell』、ギターをウクレレに持ち替えて奏でる『思い出すこと』など、実にゴンチチらしい音楽が次々と流れてくるこのアルバムは、長く愛聴している方にも初めて彼らのアルバムを聴く方にも平等にピースフルな時間をプレゼントしてくれるだろう。子どもの頃の夏休みを思い出すようなノスタルジーや、のんびりとバスにでも揺られて旅をしているような雰囲気、さらには夕暮れ時に帰宅する風景を慈しむような気分など、ゴンチチの音楽が提示してくれるものは本当に多種多彩だ。

ゴンチチの魅力はいろいろあるが「ピュアでシンプル」であるがゆえに、ギターを弾いている方にとっては「ちょっと練習すれば自分も弾けるのではないか」と感じられ、心を許してしまう曲が多いことだ。もちろんシンプルに聞こえて実は凝ったコードワークである曲や、ゴンザレス三上の超絶技巧が炸裂する曲もあるのだが、それでも「君(たち)だってゴンチチになれるよ」とばかりに誘惑の手を差し伸べてくる曲がたくさんある。それゆえ、若い世代ばかりではなく大人になってからギターを始めた方たちにとっても、よき目標、よきお手本になるはず。『アソートメント』にはそういった曲が、洒落たショーケースの中で買い手を待つスイーツのように並んでいるのだ。

ついでながらもうひとつだけ。このアルバムは11トラックで約26分。「もっと聴きたい、ちょっともの足りない」と感じた方は、なじみ深い曲満載の『オールタイム・ベスト』や40周年記念盤『we are here』などもご一聴を!

GONTITI 「Goldberg Variations, BWV 988 – Var. 18: Canone Alla Sesta」Music Video

■アルバムインフォメーション

GONTITI 『Assortment』

発売元:ソニー・ミュージックエンタテインメント
発売日:2019年12月25日
価格:2,500円(税抜)
GONTITI オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

10126views

音楽ライターの眼

連載11[ジャズ事始め]美貌の奇術師率いる天勝一座が運んできたジャズの香りとフィリピン・ルート

940views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4073views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

6540views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8243views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

13602views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3062views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4026views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6519views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2406views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4325views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6010views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4814views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5114views

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

音楽ライターの眼

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

3843views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

9138views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5473views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4516views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7823views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3476views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

4798views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7414views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17716views