Web音遊人(みゅーじん)

ギター経験者が「弾いてみたい!」という誘惑にかられるアルバムは、快適サウンドの詰め合わせ/ゴンチチ『Assortment』

テレビや映画、ラジオなどを日常的に楽しんでいる方であれば、(意識するしないは別としても)ゴンチチの曲を必ず聴いているだろう。1978年に結成されたこのアコースティックギターデュオは、音楽業界人の間で話題となった後に1983年になるとレコードデビュー。あまりにも気持ちの良いサウンドと関西弁を繰り出す二人のキャラクター(そのギャップたるや!)で人気を集め、癒し系音楽ブームをリードしたアルバムシリーズ『イマージュ(image)』でも常連となった。

基本的にはゴンザレス三上がメロディを、チチ松村がコードワークを軸とした伴奏パートを担当するが、もちろん主従ではなく両者の音楽が対等に絡み合い、「合わせ技で1本」という関係性によって唯一無二の音楽が生まれているのだ。2018年にはデビュー40周年を祝ったが、ゴンチチ・サウンドは変わらずに瑞々しく、私たちに「音の楽園」へのパスポートを提示してくれる。『アソートメント(Assortment=品揃え、各種取りそろえ、詰め合わせ、などの意味)』と題された最新アルバムもまた、心も身体も脳もすべてを解放してくれる一枚だ。

アルバムがスタートすると、聞こえてくるのは端正な音の連続による可愛らしい音楽。ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲の『ゴルドベルク変奏曲』から第18変奏、つまりクラシックの名曲である。しかしゴンチチの2人は、まるで素敵な物語が始まるような雰囲気を作り出してくれ、音楽にジャンルは関係ないということをあらためて教えてくれる。

シンプルなワルツナンバーの『君と住む街で』、ポカポカした休日の陽だまりのような『Floating Bell』、ギターをウクレレに持ち替えて奏でる『思い出すこと』など、実にゴンチチらしい音楽が次々と流れてくるこのアルバムは、長く愛聴している方にも初めて彼らのアルバムを聴く方にも平等にピースフルな時間をプレゼントしてくれるだろう。子どもの頃の夏休みを思い出すようなノスタルジーや、のんびりとバスにでも揺られて旅をしているような雰囲気、さらには夕暮れ時に帰宅する風景を慈しむような気分など、ゴンチチの音楽が提示してくれるものは本当に多種多彩だ。

ゴンチチの魅力はいろいろあるが「ピュアでシンプル」であるがゆえに、ギターを弾いている方にとっては「ちょっと練習すれば自分も弾けるのではないか」と感じられ、心を許してしまう曲が多いことだ。もちろんシンプルに聞こえて実は凝ったコードワークである曲や、ゴンザレス三上の超絶技巧が炸裂する曲もあるのだが、それでも「君(たち)だってゴンチチになれるよ」とばかりに誘惑の手を差し伸べてくる曲がたくさんある。それゆえ、若い世代ばかりではなく大人になってからギターを始めた方たちにとっても、よき目標、よきお手本になるはず。『アソートメント』にはそういった曲が、洒落たショーケースの中で買い手を待つスイーツのように並んでいるのだ。

ついでながらもうひとつだけ。このアルバムは11トラックで約26分。「もっと聴きたい、ちょっともの足りない」と感じた方は、なじみ深い曲満載の『オールタイム・ベスト』や40周年記念盤『we are here』などもご一聴を!

GONTITI 「Goldberg Variations, BWV 988 – Var. 18: Canone Alla Sesta」Music Video

■アルバムインフォメーション

GONTITI 『Assortment』

発売元:ソニー・ミュージックエンタテインメント
発売日:2019年12月25日
価格:2,500円(税抜)
GONTITI オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

今月の音遊人

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

12432views

ティナ・ターナー

音楽ライターの眼

ティナ・ターナーの豊潤なソロ・キャリアを辿る。CD3枚組アンソロジー『クイーン・オブ・ロックンロール』発売

399views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17189views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

10864views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

43382views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

11923views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7055views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10841views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

2855views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5501views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9421views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

10864views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21541views

ショスタコーヴィチ「交響曲第12番」とイーグルスと浜田省吾、それぞれの“希望ヶ丘ニュータウン”

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase5)ショスタコーヴィチ「交響曲第12番」とイーグルスと浜田省吾、それぞれの“希望ヶ丘ニュータウン”

1308views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23619views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1378views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44060views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13017views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8078views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

45741views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2615views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9421views