Web音遊人(みゅーじん)

【優待チケット】クラシック音楽は、“楽譜”で何百年前とつながることができる/上野耕平インタビュー

日本管打楽器コンクールで、史上最年少優勝。東京藝術大学在学中には、サクソフォンコンクールの最高峰アドルフ・サックス国際コンクールで第2位を受賞。輝かしいキャリアを積みつつ、常に新たなプログラムに挑戦し、サクソフォンの可能性を引き出してきた奏者・上野耕平が、このたびヤマハホール10周年の祝祭に登場する。本公演のプログラムに込められた思いや、新たな挑戦についても語っていただいた。

興味があるのはインド民族音楽とのコラボ

上野は、いつも人を驚かせてきた。
『シャコンヌ』を終曲にもつバッハの名曲『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番BMV1004』をサクソフォンで演奏するという離れ業を見せたのは2017年。2019年には世界的に高い評価を得ている作曲家・藤倉大に委嘱し、和太鼓界の革新者・林英哲氏と共演した『bueno ueno』が大きな話題を呼んだ。
「いろいろな楽器との共演は楽しいですね。最初にこうなるんじゃないかというイメージは持ちますが、やってみると実はこんな感じだったんだという新たな発見が毎回あります」
そんな上野が最近気になっているのが、なんとインドの民族音楽だという。
「サクソフォンが入っているものもあるんです。みんな胡坐をかいて吹いているんですけれどね。もちろん、我々クラシックプレーヤーが出す音やニュアンスとはまったく違うのですが、あのサウンド感は面白いものができるんじゃないかと思っています。サクソフォンは伝統的なものから最新の現代音楽まで活躍の場があって、どこへでも広げていける楽器ですよね」

次に目指すは指揮者?

2020年は、コロナ禍で多くの公演が延期や中止になった。上野の場合も例外ではない。
「大好きなプラモに触れる時間を久しぶりに持てたり(笑)、いろいろなことを考えたり、指揮の勉強をしたり。印象的であっという間の一年でしたね」
指揮?──28歳になった上野から、決意表明にも似た意外な言葉が飛び出した。
「やりたくてしょうがない。どうしてもやりたいことで、やれなきゃ死にきれないです。僕はサクソフォンで音楽を始めて、その後クラシック音楽にどっぷり浸かったわけですが、サクソフォンが参加しないクラシックが多いわけですよ」
これまで、ビゼーの『カルメン』をサクソフォン用にアレンジした『カルメン・ファンタジー for サクソフォン』を発表するなど、サクソフォン奏者としてクラシックの名作に息を吹き込んできた上野。
「そんなふうにアレンジして現代の人と共有するのもひとつの方法ですが、クラシック音楽は作品ありき。オリジナル作品そのものをもっとみなさんと共有したいという気持ちが強いんです。そうなると、やはり指揮者だと」

クラシック音楽はアナログの集大成

また、2020年は“生の音楽”の真価をあらためて感じる一年でもあったという。
「配信には配信の面白さがあり、別の楽しみ方があると気づきましたが、やはり生に限ります。これだけデジタルが発達した世の中ですが、我々がやっているクラシック音楽は、アナログの集大成のようなものだと思うんです。楽譜という情報で何百年前とつながることができる。そして、その空気がその場に蘇り、演奏して聴衆と共有する。こんなにすばらしいものはないと思いましたね」
2021年3月27日には、前年コロナ禍でいったん中止になったヤマハホールでの「上野耕平トリオ」公演も開催されることになった。
共演するのは、これまでも幾度も共演を重ねてきたピアニスト山中惇史、そして東京藝術大学の同級生でもあるパーカッショニスト石若駿というふたりの若手トッププレーヤーだ。
それぞれのオリジナル作品のほか、『bueno ueno』のドラム版の初演、そしてサクソフォンの傑作『サイバーバード協奏曲』まで多彩なプログラムが用意されている。
「それぞれの楽器や個人のキャラクターが刺激しあって音楽が昇り詰めていく、アンサンブルの理想が体験できるトリオです」
独創的な感性とスペシャルな響きで、また新鮮な驚きをもたらしてくれるに違いない。

■インフォメーション

『Yamaha Hall 10th Anniversary
珠玉のリサイタル&室内楽 上野耕平トリオ』

日時:2021年3月27日(土)16:00開演(15:30開場)
会場:ヤマハホール
料金:一般 4,500円/学生 3,500円(税込・全席指定)
出演:上野耕平(サクソフォン)、山中惇史(ピアノ)、石若 駿(パーカッション)
曲目:上野耕平:De-o-chi、石若駿:Dejavu #4、山中惇史:SAKURA、藤倉大:bueno ueno(ドラム版初演)、旭井翔一:サクソフォンとピアノのためのソナタより 第1楽章、吉松隆:サイバーバード協奏曲 Op.59
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

■優待チケットの特別販売

本公演の優待チケット(一般:優待価格4,000円/定価4,500円)を10名様分ご用意しました。ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2021年3月10日 (水) 23:59
応募はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:宇崎竜童さん「ライブで演奏しているとき、もうひとりの宇崎竜童がとなりでダメ出しをするんです」

3763views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

2633views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

6634views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9466views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10170views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

16685views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2926views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3875views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9260views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5405views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

5824views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6339views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11802views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

16416views

ザ・ダークネス

音楽ライターの眼

ギター不況を吹っ飛ばすライヴ・アルバム/ザ・ダークネス『ライヴ・アット・ハマースミス』

3124views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

9938views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3960views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

6634views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13478views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3616views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14556views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7931views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6339views