Web音遊人(みゅーじん)

ギターを際立たせ、弾く人の姿を美しく見せる。“ギターと共に暮らす家具”「solo」「classic」がヤマハから登場

ギターの居場所をケースでなく生活空間に

ヤマハがデザインを手がけた家具「solo」と「classic」が登場した。ヤマハが家具?そこは楽器総合メーカーとあって、そのコンセプトは“ギターと共に暮らす家具”。「solo」は、ふだんはギタースタンド、そしてギターを手に取ると座って演奏ができるスツール。「classic」は、ギターを収納できるベンチだ。
「solo」は、2020年には国際的に権威あるドイツのデザイン賞「Red Dot デザイン賞プロダクトデザイン2020」を受賞している。

アコースティックギタースタンド「solo」

クラシックギターフレーム「classic」

実は、これらは2010年に開催したヤマハデザイン展「Please Please Me」で発表したコンセプトモデルが、10年の時を経て製品化された非常にレアなケースだ。
挑んだのはヤマハの楽器デザイナー。ギターの存在を際立たせながら家具としても美しいミニマルで革新的な造形で、プレーヤーの相棒であるギターの居場所をケースでなく生活空間に創り出した。
暮らしにすっと溶け込む木のあたたかさと洗練されたフォルムをまとい、インテリアとしても魅力的だ。

楽器デザイナーならではのこだわりが随所に

細身で高さのある三脚のハイスツール「solo」。3本の脚に設けられた突起が印象的だ。2本の脚の低い位置にある突起はギターを立てかける支えとして、残り1本の高い位置に据えられた突起はギターを演奏する際の足置きとなり、安定した演奏姿勢へと導く。
随所にちりばめられた、楽器デザイナーならではの意匠にも注目したい。
なだらかなくぼみを施したピック型の座面は、ギターを立てるときと演奏するときで正面が変わるデザイン。一方、座面の下側はスツールを移動させるシチュエーションを念頭に、持ったときの手触りのよさを意識して丸みを持たせた。

左から「材質:アッシュ/色:ナチュラル」「材質:アッシュ/色:ブラウン」「材質:ウォールナット/色:ナチュラル」
製品サイト >

大切なギターのボディを木製の突起に直接立てかけるのは抵抗がある人も多いのでは?そんな思いから革を巻き付けているのだが、実はこれは試行錯誤の末にたどり着いた非常に凝ったつくり。さらに、脚部の付け根に補強のために施されたR形状はギターのヒールの形状と“韻”を踏むなどこだわりはディテールにまでおよび、統一感を生み出している。

一方、曲線と直線がなめらかに連続してギターのフォルムを織りなすベンチが「classic」。そこに座る演奏者の心を温かくしてくれる上質で心地よい質感とともに、ギターの居心地がよさそうなデザインを目指した。ネックの周囲に適度な間を設け、内側にはソフトなレザー風のクッションをしつらえるなど、まるで愛するペットの寝床のよう。

上から「材質:アッシュ/色:ブラウン」「材質:ウォールナット/色:ナチュラル」
製品サイト >

美しさやかっこよさは、楽器における機能性のひとつ。ヤマハの楽器デザイナーはそう考えている。なぜならそれは、演奏者やオーディエンスの心をかき立てる大切な要素。だから、弾く人の姿までもを美しく見せるデザインを。
「solo」「classic」には、楽器づくりのそんな哲学も宿っている。
ギターとともにある暮らしは、きっと気分を上げてくれるはず。

※画像の製品はプロトタイプです

 

solo/classic のデザインフィロソフィーやコンセプトはこちらをご覧ください。
Yamaha Design “Synapses

特集

坂本龍一さん

今月の音遊人

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

11007views

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

音楽ライターの眼

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

3145views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

26836views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

8789views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

5026views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

3112views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

8635views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6656views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15294views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8211views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4491views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18625views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4973views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

14191views

音楽ライターの眼

2020年代にブルースを受け継ぐ男。ジョー・ルイス・ウォーカーが『ブルース・カミン・オン』を発表

1072views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

11755views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8211views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10639views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16134views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

5081views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

18757views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

533views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22285views