Web音遊人(みゅーじん)

連載3[多様性とジャズ]“ジャズは集団主義の日本において個を解放へと導く救世主”ではなかった?

前稿では、個人主義のザックリとした定義と、集団主義が個人主義の反対語として語られることへの違和感に言及して終わった。

集団主義を日本人の国民性として掲げる意見への賛同は、ボクのなかにも少なからずあったと思う。いわゆる“右へ倣う”ことに無批判なのが多数派であり、個を主張するにはかなり高いハードルを越える必要があると折々に感じていたからだ。

そうした“個の主張”へのフラストレーションが、自由を標榜するジャズへの憧れと結びついて、それこそ無批判に“ジャズは集団主義の日本において個を解放へと導く救世主”であるような勝手なイメージを創りあげていたのかもしれない。

ところが最近、“日本人は集団主義”という通説は誤りであるという意見が台頭している。

「この通説が事実なのかどうかを確認するために、心理学、言語学、経済学、教育学などにおける実証的な研究を調べたところ、日本人は、欧米人より集団主義的だとは言えないことが明らかになった。また、『日本人は集団主義的だ』と広く信じられているという現状は、人間の思考を歪める心理的なバイアスによって作りだされたものであることも明らかになった」(引用:高野陽太郎/東京大学大学院人文社会系研究科教授「『日本人は集団主義的』という通説は誤り」

上記研究発表によれば、“世界で最も個人主義的だ”とされるアメリカ人と“世界で最も集団主義的だ”とされる日本人とを比較した心理学的な実証的研究22件のうち、両者のあいだに「明確な差はない」という結果を報告していた研究が16件、「アメリカ人の方が日本人より集団主義的」という結果を報告していた研究が5件あったとしている。

このほか、言語学的、教育学的、経済学的にも、「日本人が集団主義的」とされてきた内容を覆す報告が挙げられている。

ところがそうなると、“ジャズは集団主義の日本において個を解放へと導く救世主”であることを論考の出発点にしようとしていた本稿は仕切り直さなければならない。

さて困った。

ひとまずここは、“明治の文豪”夏目漱石が1915(大正4)年に上梓した『私の個人主義』を読み返して、日本における個人主義のスタンダードへ立ち戻ってみたい。

『私の個人主義』で言及されている“個人主義”をザックリとまとめてみると、漱石は“自己本位”であることが外圧に屈しないためには必要で、その“自己本位”のためには「他人に対してもその個性を認めて、彼らの傾向を尊重するのが理の当然になって来る」と、相互理解のなかで生まれるものが“個人主義”であるとしている。

「自分は天性右を向いているから、あいつが左を向いているのは怪しからんというのは不都合じゃないかと思うのです」(引用:夏目漱石『私の個人主義』青空文庫)

つまり、“個人主義”は“全体主義”に対抗して存在するものではなく、向いているのが右であっても左であっても互いに否定せず、個が混在した全体を認める概念であると言っているのだ。

ちなみに、“右へ倣え”の“全体主義”を危惧する漱石の視点は、日本人の特性への指摘というよりは、彼が見聞した欧州の潮流(例えば第一次世界大戦開戦に関する社会的な背景)ととらえるほうが適切だろう。

そしてまた、ちょうど漱石先生が学習院大学の学生たちを前にして“私の個人主義”についての演説をぶっていたころ、日本にジャズが上陸して広がっていったという“時代の空気感の一致”も、あながち偶然ではなかったのではないか──。

と、漱石先生の威光を借りて(もちろん“時代の空気感の一致”を安易に援用して“個人主義=ジャズ”とするつもりはないけれど)、本稿の論考を進めていくことにしよう。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

6508views

音楽ライターの眼

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

3172views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

8405views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

160848views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8653views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

12034views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4554views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1253views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6019views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

3220views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

5816views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24679views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6297views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

17274views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

2083views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4577views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

6293views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

1227views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

3935views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3963views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

26383views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7754views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20844views