Web音遊人(みゅーじん)

合奏の楽しさ、ここに再燃!3年ぶりの「ブラス・ジャンボリー2022」開催レポート

吹奏楽ファンが待ちに待ったこの日がついにやってきた。初心者からベテランまで、社会人も学生も、さまざまな管打楽器愛好者が多数集まって、その日会った人たちで大合奏を楽しむ「ブラス・ジャンボリー2022」が3年ぶりに開催されたのだ(2022312日(土)横浜港大さん橋国際客船ターミナル「大さん橋ホール」)。

大合奏の楽しさを誰でも体験できる「ブラス・ジャンボリー」

「ブラス・ジャンボリー」は、しばらく楽器演奏から離れていた人や、趣味として楽器演奏を始めたものの合奏の機会に恵まれない人でも、合奏を楽しめる貴重な場。「演奏する楽しみ」を原点に、大規模なコンサートとして2010年から毎年開催されてきた。しかし、新型コロナウイルスの影響で2020年、2021年は残念ながら中止に。2022年は例年よりも参加者同士の間隔を空け、検温・消毒の励行、30分の演奏ごとに20分の換気、と感染症対策を徹底して開催された。ある参加者は「こうして開催できたのは奇跡!よくぞ開催してくれた」と語った。これは、おそらくこの日集まったすべての人が感じていたことだろう。

13時から2回の休憩をはさんで約2時間のリハーサル、その30分後にコンサートを行う。事前にパート譜を購入し、それぞれに練習してこの日に備えるのだが、吹けないところは休んでもOK。「それで安心して参加できました。初参加だけれど、思い切って参加してよかった。すごく楽しいです」(一人で参加したという女性)。また、「ブラス・ジャンボリー」はリピーターも多い。異なる楽器でも一緒に演奏できる「ファミリー席」では、大学生の息子さんとお母さんが隣同士で演奏する姿もあった。

今回の指揮は、プレイヤーとしてマルチに活動し、自他ともに認める吹奏楽好きとしても知られるサクソフォン奏者の織田浩司さん。スペシャルゲストは、チューバマンとユーフォマンの2人によるユニット、チューバマンショーだ。プログラムは、華やかに幕開けを飾る『ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレⅡ』、思いを込めてゆったり奏でる『花は咲く』、ユーフォマンとの共演による『トゥッティ!』『DREAM SOLISTER』(『響け!ユーフォニアム』より)、吹奏楽の定番曲から『エルザの大聖堂への入場』『宝島』など全8曲。限られたリハーサル時間のなか、織田さんは巧みな言葉がけで合奏をまとめていく。休憩のたびに正面の扉が開放され、海風が大会場を一気に通り抜けると、次の練習ではさらに集中力が高まり、最初のうちはたがいに様子見だったサウンドが、どんどん輝きを増していった。

リハーサルの様子

リハーサルの後はいよいよ本番!全8曲をコンサートで披露

そして迎えた本番。オープニングから驚くほど響きがまとまっている。演奏者たちが疲れないよう、適度なMCを入れながら、織田さんがコンサートを進める。そのなかで思わず発せられた「合奏って本当にいいですね!」という言葉を全員でかみしめながら、演奏はヒートアップしていく。チューバマンショーとの共演に織田さんのサクソフォンが加わり、さらに熱量をあげてクライマックスへ。最高に盛り上がった『宝島』で大熱狂のフィナーレとなった。

響きの余韻のなかに、なんとも言えない充実感が広がる。参加者の表情にも満足感が満ちていた。「社会人になって楽器から離れていましたが、どうしても吹きたくなって、一週間前にこれ(トランペット)を買って参加しました。こうして吹けることがとてもうれしい」「吹奏楽団に所属しているけれど、集まっての練習はほとんどできなくて、合奏するのは本当に久しぶりでした」「音が重なって、そのなかにいる感覚が大好き。私にとって、合奏ができるのはここだけです」(参加者の声)
参加した人の数だけ音楽への思いがあり、それがひとつになって、“この日、ここにしかない音”が生まれた。これこそが大合奏の醍醐味であり、ブラス・ジャンボリーが求められる理由でもある。
チューバマンショーのお2人の「合奏とは、こんなにも価値のあることなんですね」(チューバマン)、「生の音は成分が違っていて、雑音までが愛おしく思えました」(ユーフォマン)という言葉が、「ブラス・ジャンボリー2022」の大成功を物語っている。

クリックでPDFが開きます


ブラス・ジャンボリー2022 3年ぶり、大さん橋ホールで開催(KyodoNewsKK)

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

16623views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.10

4389views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

128850views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54225views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12029views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

7005views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17341views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8344views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23412views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1553views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4378views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9600views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11303views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9793views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

4530views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

28179views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9408views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

3127views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20206views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5041views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20801views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6648views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28978views