Web音遊人(みゅーじん)

若林顕

超絶技巧の先にある音楽の世界を聴いてほしい/リサイタルシリーズ「魔弾のピアニストvol.1 頂に向かって…」若林顕インタビュー

日本を代表するヴィルトゥオーゾとして活躍しているピアニストの若林顕。2022年8月から2023年1月まで、全国7都市で開催された“ヤマハNew CFXコンサートツアー 2022~若林顕とCFXが響き合う、新しい音の世界~ ”では、ヤマハのフラグシップモデルであるコンサートグランドピアノ「CFX」新モデルの魅力を多彩なプログラムで楽しませてくれた。
今回は、2023年5月20日(土)に東京芸術劇場で開催される新たなリサイタルシリーズに向けての想いなどを聞いた。

新CFXは表現がダイレクトに伝わる凄いパワーを持った楽器

東京藝術大学附属高校を卒業後、ヨーロッパに渡り、20歳でブゾーニ国際ピアノコンクール第2位、22歳でエリザベート王妃国際音楽コンクール第2位という快挙を成し遂げ、ピアニストとしてのキャリアをスタートさせた若林顕。30年以上の年月を経て、磨き抜かれたピアニズムで巨匠への道を歩み続けている。
「コンクールは運ですね。でも、その頃から漠然と本物を志向する気持ちがあって、レパートリーを広げ、室内楽をたくさん経験し、40歳から本当のスタート地点に立てる演奏家になりたいと考えていました。僕は昔の演奏家が好きなんですが、ルービンシュタイン、リヒテル、コルトー、ホロヴィッツなどは数秒聴いただけで、どんなピアニストなのか、どんな人生を送ってきたのかがわかります。音楽というのは、何もかも包み隠さず出てしまう。私は今、50代後半ですが、60代、70代になったとき、どこまで理想に近づくことができるのか、日々の積み重ねが大切だと考えています」
2022年3月に発表されたヤマハの「CFX」新モデルのお披露目のリサイタルツアーでは、さまざまな作曲家の音楽世界を鮮烈に描き分けて楽しませてくれた。
「なるべくいろいろなタイプの音色や響きを楽しんでいただきたいと考え、ラフマニノフ、ショパン、ドビュッシー、ストラヴィンスキーの作品を中心に魅力的な小品を組み合わせ、3種類のプログラムを聴いていただきました。新しいCFXは、表現がダイレクトに伝わる凄いパワーを持った楽器で、弾き手の気持ちに応えて柔軟に変化するので、鍵盤を通して楽器が自分の身体の一部のように感じられました。2022年11月、妻でバイオリニストの鈴木理恵子とのデュオ・リサイタルでも使わせていただきましたが、室内楽の精妙な表現にも合っていて、無限の可能性を感じました」

若林顕

東京芸術劇場の広い空間にドラマを描き出したい

2023年5月20日(土)に東京芸術劇場コンサートホールで開催するリサイタルシリーズ“魔弾のピアニストvol.1 頂に向かって…”でも、こよなく愛するCFXを演奏する。
「今の自分の感性に合った作品を聴いていただきたいと考えたプログラムです。前半では、演奏される機会の少ないラフマニノフ『ピアノ・ソナタ第1番』を取り上げます。何か宿命のようなものを感じさせるドラマティックな作品で、その前に演奏するメトネル『忘れられたメロディーより「回想ソナタ」』にも通じるものがあります。走馬灯のように人生を振り返りながら、激しい場面があったり、夢のような世界が広がったり、メランコリックな情緒に満ちています。
後半は、ドビュッシー『映像第2集』、ショパン『バラード第4番』、ストラヴィンスキー『ペトルーシュカからの3楽章』。ドビュッシーは、CFXの美点がことさら活きる作品です。キラキラした高音と鐘のような低音をブレンドして、幻想的な世界を描き出したいと思います。ショパンの最高傑作のひとつ『バラード第4番』には、苦悩の中に見える重い光、荘厳な祈りのようなものを感じます。『ペトルーシュカ』では、華やかな色彩感とエネルギーのなかに、人間に命を吹き込まれながら踏みにじられるお人形の哀しみ、パラドックスのような心理描写を表現できればいいなと考えています」
まさに“魔弾のピアニスト”にふさわしいヴィルトゥオージティあふれるプログラムだ。
「たしかにラフマニノフやストラヴィンスキーなど、技巧的に難易度の高い作品ですが、テクニックというより、音楽のイメージ、色合い、ファンタジーを世界観満載にお届けしたいと思います」

■若林顕 ピアノ・リサイタル・シリーズ 魔弾のピアニストvol.1 頂に向かって…

若林顕
日時:2023年5月20日(土)14:00開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京都豊島区)
曲目:メトネル/忘れられた調べ 第1集 Op. 38 – 第1曲 回想ソナタ、ラフマニノフ/ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調Op. 28、ドビュッシー/映像 第2集、ショパン/バラード 第4番 へ短調 Op. 52、ストラヴィンスキー/ペトルーシュカからの3楽章
詳細はこちら

photo/ 2022年ヤマハホール公演の様子(一枚目)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

塩谷哲

今月の音遊人

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

3336views

音楽ライターの眼

連載12[ジャズ事始め]フィリピンが“ジャズ・ミュージシャン養成所”となったのは大航海時代の植民地支配が関係していた?

2824views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

29556views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37484views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4440views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2457views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17149views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8204views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21378views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7844views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4968views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28554views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12916views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29179views

音楽ライターの眼

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

2946views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4140views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6686views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

4150views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6676views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4609views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

38647views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8204views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9401views