Web音遊人(みゅーじん)

電子ピアノ「P-225」「P-145」

新開発の鍵盤でさらにコンパクトかつ軽量に!電子ピアノ「P-225」「P-145」

アコースティックピアノのような響きやタッチ感がほしい。でも、コンパクトで軽量がいい。そんなユーザーに支持されてきたヤマハの電子ピアノ「Pシリーズ」。2023年7月に発売された新モデル「P-225」「P-145」は、本格的なアコースティックピアノの弾き心地を実現しつつ、楽器本体をサイズダウンした。

新開発の鍵盤とこだわりの音

新モデルで注目したいポイントは、大きく分けて二つある。
一つ目は、新開発された「GHC(グレードハンマーコンパクト)鍵盤」。その特長は、従来の「GHS(グレードハンマースタンダード)鍵盤」と同様に、低音部では重く、高音部では軽くなるように音域によってタッチ感を段階的に変化させ、アコースティックピアノの弾き心地に肉薄することにある。実際に弾いてみると、自然でリアルなタッチに高い演奏性を感じた。
ご存じの通り、アコースティックピアノは鍵盤を押すとその奥にあるハンマーが下から弦を打つアクションという仕組みで音が出る。一方、電子ピアノに弦はなく、アクションの疑似的役割を果たすユニットを搭載している。「GHC鍵盤」では、その内部の機構を刷新し、よりコンパクトに。鍵盤のサイズを変えないまま、本体の奥行のサイズダウン(前モデル比で最大2.7cm)を実現できたのだ。

電子ピアノ「P-225」「P-145」

「P-225」(上)「P-145」(下)ともに88鍵。サイズは奥行き(P-225)27.2cm、(P-145)26.8cm。いずれも幅132.6cm 、高さ12.9cmとコンパクトだ。

もう一つのポイントは、アップグレードした音。「P-225」はヤマハの最高峰コンサートグランドピアノ「CFX」からサンプリングした音源を搭載しており、そのきらびやかな音色や力強い低音で表情豊かな演奏が可能だ。また、ピアノ全体が振動することで生まれる多彩な響きを再現する「バーチャル・レゾナンス・モデリング・ライト(VRM-Lite)」も搭載している。一方「P-145」は、ヤマハのフルコンサートグランドピアノからサンプリングした音源を搭載し、芯がしっかりとした明るく透明感のある音を再現。ダンバーペダルを踏んだときの豊かな共鳴音を再現する「ダンパーレゾナンス」も採用している。
さらに、「P-225」はグランドピアノのような奥行き感や広がりを感じられるよう前面だけでなく、背面にもスピーカーを配置した2WAYスピーカーを採用。「P-145」のスピーカーシステムも刷新され、高品質なピアノの音色を豊かに響かせる。こうしたスピーカーの進化によって、音が立体感を帯び、演奏しているとまるで音が降り注ぐかのような感覚を得られた。

「電子ピアノには多彩な機能や音源があります。それが特長ですし、それらを使って演奏するための楽器というイメージを持つ方も多いと思います。けれど、今回のモデルは、特にピアノらしさを重視されたい方におすすめです。鍵盤のタッチ感はもちろん、音や響きをブラッシュアップすることでピアノのよさをさらに拡充しました」(ヤマハミュージックジャパン 山内友貴さん)

電子ピアノ「P-225」「P-145」

「P-225」は背面にもスピーカーを配置することで、グランドピアノの響板から響いてくるような奥行きのある音を再現している

アプリとの連携で楽しみが広がる

アプリ「スマートピアニスト」に対応し、スマートデバイスと電子ピアノ本体を接続すると、音色の選択やメトロノームなどの操作をスマートデバイスで簡単に行うことができる。バイエル、ブルグミュラーなど初心者向けの練習曲303曲の楽譜を、スマートデバイスの画面上に表示することも可能だ。
さらに、演奏の録音、演奏動画の撮影、編集からSNSへのアップロードまでを簡単に行うことができるアプリ「Rec’n’Share」にも対応。「P-225」はBluetoothオーディオを採用しているので、お気に入りの曲を再生しながら演奏を楽しむこともできる。アプリやスマートデバイスとの連携など、電子ピアノならではの機能を活用すれば、楽しみ方は無限大だ。
また、「P-225」は耳に優しい音質補正機能を搭載しているので、長時間のヘッドホンでの練習も快適になるだろう。

電子ピアノ「P-225」「P-145」

(写真左)「スマートピアニスト」(写真右)「Rec’n’Share」

デザインも一新された。シンプルでピアノらしいシルエットを細部まで追求し、美しく無駄のない姿は、インテリアにも調和するだろう。コンパクトになったぶん、これまで置けなかった限られたスペースにも収まるかもしれない。簡単に組み立てられるスタンドや持ち運びに便利なソフトケースも別売りで用意。リビングから寝室へ、家から外へ。弾きたい場所に持ち運んで好きな時に触れられる電子ピアノ。そのアコースティックピアノのような心地よい演奏感をぜひ味わってみてほしい。


Pシリーズ P-225 紹介動画

■電子ピアノ「P-225」

表情豊かなピアノ演奏をどこでも楽しめる、スリムで充実した演奏感の電子ピアノ。
詳細はこちら

■電子ピアノ「P-145」

本格的なピアノ演奏をどこでも気軽に楽しめる、コンパクトでシンプルな電子ピアノ。
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

10843views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

6566views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16231views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63051views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

7944views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

2927views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13053views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2771views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1683views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7831views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9435views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4448views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13284views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

4253views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23644views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7490views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12760views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21611views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5704views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63051views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5713views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28619views