Web音遊人(みゅーじん)

リコーダー

小学校で使うリコーダーはどう選ぶ?ジャーマン式とバロック式

ほとんどの小学校で3年生から始まるリコーダーの授業。ひと口にリコーダーといっても、ジャーマン(ドイツ)式とバロック(イギリス)式の2種類があることをご存じでしょうか。
それぞれの特徴や素材、形状による違いなどについて、ヤマハミュージックジャパン管弦打営業部マーケティング課の加藤幸平さんと吉澤美枝さんにお聞きしました。

多彩なリコーダーの種類

リコーダーはソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バス、グレートバスなど大小さまざまな種類があり、サイズが大きくなるにつれ音域が低くなります。一般的に小学校の教材で使われるのはソプラノリコーダーです。

リコーダー
そのソプラノリコーダーにも、実はジャーマン式とバロック式の2種類があります。
「違いは音孔(穴)の大きさで、それにより運指方法が異なります」(吉澤さん)
ジャーマン式の特徴は、ファの音の運指が音階順で簡単なこと。つまり、ドレミファソラシドの音階を簡単に吹くことができます。一方でシャープ(#)やフラット(♭)音の運指は難しくなり、ちょっと難しい曲を吹こうとすると複雑な指使いを求められます。また、ソプラノリコーダー以外はほぼバロック式なので、ジャーマン式ではせっかく覚えた運指を大きさが異なるリコーダーに応用することができません。
対するバロック式は、シャープやフラットの音が吹きやすいのですが、ファの運指が音階順ではないため、難しいと感じる児童や生徒も多いかもしれません。

リコーダー

日本の小学校の約9割がジャーマン式

ところで、同じリコーダーになぜ異なる2種類が存在するのでしょうか。
「リコーダーは歴史ある楽器ですが、廃れては復興されてきた歴史と大きく関わっています」(加藤さん)
バロック時代には盛んに演奏され、華やかに活躍したリコーダー。しかしバロック時代後期になるとフルートにその座を奪われ、忘れ去られてしまいます。その後、約150年もの冬の時代を経て、20世紀になってリコーダーは再び光を浴びることになりました。所説ありますが、そんな中ドイツで、簡単な曲をより簡単に吹くために音孔を変えて運指を容易にしたリコーダーが誕生。従来のバロック式に対して、これがジャーマン式です。
現在、約9割の小学校で使われているのは、取り組みやすいジャーマン式です。
「小学校でリコーダーを学習する目的は、音楽に慣れ親しみ、豊かな音楽体験をすることです。シェイクスピアの作品「ハムレット」では『嘘をつくよりも簡単に吹ける笛』として登場していますが、確かにリコーダーは簡単に音が鳴る楽器ですし、リコーダーは身近な旋律楽器として教育に向いているということでしょう」(加藤さん)

材質と形状によって音色が変わる

リコーダーはもともと木製の楽器ですが、教育用としては、価格が手ごろで扱いやすく、音や吹き心地も安定している上にお手入れも容易な、ABS樹脂製(プラスチック)リコーダーが主に使われています。
さまざまな樹脂製のソプラノリコーダーが販売されていますが、選ぶ際のポイントはどこにあるのでしょうか。
「値段によって何が違うのかについてよく質問されるのですが、樹脂製リコーダーは形状によって変わります。具体的には、ウインドウェイと呼ばれる吹き口の形状の違いによって、空気抵抗や音のつくられ方が変わるのです」(加藤さん)
ウインドウェイの形状は、もともとはストレートです。ストレート型の場合、空気抵抗が少ないため、低音はゆっくりとした息、高音はスピードのある息など吹き手によるブレスコントロールが必要になります。アーチ型は吹き口に空気抵抗をつくり、ブレスコントロールをしやすくしたものです。さらにアーチ型のなかでも、繊細なアーチを描いているものほど、より低音と高音が出しやすいという特徴があります。ヤマハのリコーダーでは、ウインドウェイの形状は3種類に分かれています。

また、リコーダーはウインドウェイから吹き込んだ息が、窓(口元の四角い穴)の下にあるラビューム(斜めに削られた部分)にぶつかって音がつくられるしくみです。
「ラビュームがザラザラした木製だと温もりと重厚感ある音色、つるつるしたプラスチック製はより明瞭な音色になります。そして木製リコーダーの音色に近づけるために生まれたのが、木目調のコーティングを施したリコーダー。見た目にも高級感がありますが、ラビュームにも同じコーティングをすることでザラザラになり、より木製に近い音が出ます」(吉澤さん)
ヤマハのリコーダーでは、「YRS-311III」、「YRS-312BIII」、「YRS-313III」、「YRS-314BIII」がこれにあたります。

リコーダー

環境にも人にもやさしいリコーダーを

ヤマハでは木製、ABS樹脂製のほか、バイオマス由来樹脂製リコーダーをラインアップしています。地球にやさしい優れた素材を採用したこのリコーダーは、「環境」をキーワードに世界で初めてバイオマス由来樹脂を使用した楽器として2014年に誕生しました。
「バイオマスはABS樹脂に比べて若干比重が重いことから、より低音と高音がコントロールしやすいという特徴があります。木製リコーダーに近い、芯のあるまろやかな音色を実現しています。」(加藤さん)

さらに、「みんなと一緒に吹きたい」という願いを受けて、手が不自由な人も演奏できる片手リコーダーは、木管楽器で培ったキイシステムのノウハウを駆使して開発したユニバーサルデザインとなっています。

リコーダー

リコーダーは身近な存在ですが、実は奥の深い楽器です。
ぜひ、お子さまに合う一本を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ
①リコーダーには、ジャーマン式とバロック式がある。多くの小学校はジャーマン式を採用。
②ウインドウェイ(吹き口)の形状は、ストレートとアーチの2種類ある。
③材質は、ABS樹脂製(プラスチック)が主流だが、木製やバイオマス由来樹脂製などもある。

リコーダー製品ページ
ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法
リコーダー、なんとなく選んでいませんか?(バイオマス由来樹脂製リコーダーについて)

facebook

twitter

特集

塩谷哲

今月の音遊人

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

3366views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

4531views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32197views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

3613views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8295views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1683views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3361views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2620views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10059views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5529views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28619views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7404views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12388views

音楽ライターの眼

2020年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー ~師・サリエリに捧げられた3曲のヴァイオリン・ソナタ

4343views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6921views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

2863views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

3001views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

10813views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7831views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2371views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7062views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9435views