Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#028 “陰のリーダー”の“恩返し”から生まれた“置き土産”!?~キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス『サムシン・エルス』編

#013で俎上に載せた『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』は、現在ではチャーリー・パーカーの名義となっていますが、リリース当時、アルバム・ジャケットにその名前はありませんでした。

タネを明かせば、レコード会社との契約上、チャーリー・パーカーが偽名を使わざるをえなかったというオチだったのですが、本作も実は、同じような事情で制作されながら、20世紀のジャズを代表すると言われるまでの“名盤”になった1枚なのです。

というのも、ジャケットを見ればキャノンボール・アダレイがリーダーのアルバムだとわかるのに、内容はまったく違う──と、当時から“陰のリーダー”の存在がささやかれていましたから……。

そのあたりにはどんな事情が隠されているのかに焦点を当てて、“名盤”の理由を再考してみましょう。


Autumn Leaves

アルバム概要

1958年3月、米ニュージャージー州のヴァン・ゲルダー・スタジオで収録された作品です。

オリジナルはLP盤で、A面2曲、B面3曲の計5曲という構成。

CD化では同曲数同曲順のものと、本作のレコーディング・エンジニア(=スタジオで音響機器の調整や録音を行なう技術者)のルディ・ヴァン・ゲルダーが編集した、追加トラック1曲(ハンク・ジョーンズ作曲の『バングーン』)を収録したヴァージョンがあります。

メンバーは、アルト・サックスがキャノンボール・アダレイ、トランペットがマイルス・デイヴィス、ピアノがハンク・ジョーンズ、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムスがアート・ブレイキーのクインテット。

収録曲は、マイルス・デイヴィスのオリジナル曲1曲、ナット・アダレイとサム・ジョーンズの共作オリジナル曲1曲に、ジャズ・スタンダードとして知られるカヴァー曲が2曲。そしてアルバムの冒頭を飾るのが、シャンソンの名曲として知られていた『枯葉』で、この曲の存在感の大きさを抜きにして本作は語れない──という構成になっています。

“名盤”の理由

本作は1曲目の『枯葉』があったからこそ“名盤”になったとする内容の記事を、活字でもネットでも多く見かけます。

ボクも異論はありませんが、「でも、それだけじゃないでしょ?」という思いを抱きながら、改めて今回、筆を執っているというわけです。

いま聴くべきポイント

本作が制作された1958年は、(名義的には参加メンバーだけれども事実上はリーダー、つまり“陰のリーダー”である)マイルス・デイヴィスにとって、大きく飛躍するために欠くことになった義理を果たす、総仕上げの年だったようです。

1955年に大手レーベルのコロムビア・レコードと契約したマイルス・デイヴィスでしたが、その時点ではまだプレスティッジ・レコードとの契約が残っており、アルバム4枚を制作しなければなりませんでした。

そこで彼は、一気に4枚分の録音を敢行します(実際には1956年の5月と10月の2回に分けて行なわれました)が、その出来はどうだったかと言えば、#009#016で取り上げたとおり。

一方、本作のリリース元であるブルーノート・レコードは、薬物依存状態だった1950年代前半のマイルス・デイヴィスに手を差し伸べ、年に1作のペースでレコーディングの機会を与え、回復のためのサポートをしていました。

マイルス・デイヴィスは、その恩義に報いたかったものの、コロムビア・レコードとの契約上、前面に出るわけにも行かないというオトナの事情により、“陰のリーダー”として本作の録音を企画し、その結果として“名盤”を残すことになった──というのがボクの見解です。

プレスティッジ・レコードのときのマラソン・セッション4部作もそうですが、“立つ鳥跡を濁さず”どころか、何倍にも資産が膨らむストック・オプションを土産に置いていったようなものだったんじゃないだろうか、と思うわけです。

当時、最強との呼び声も高かった自身のレギュラー・クインテットとは異なるメンバーで臨み、フロントのキャノンボール・アダレイとのコンビネーションではハード・バップ的なアンサンブルを一切用いることなく、来たる1960年代にマイルス・バンドの代名詞となるフリー・ブローイング的なアプローチを使って、ポピュラーなナンバーを生まれ変わらせてしまった──。

オトナの事情を逆手にとった先進的な試みへの挑戦が根底にあったからこそ、この“置き土産”はレコード会社の財産となり、20世紀の音楽文化の象徴となりえたのだ、と思います。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

ジェイク・シマブクロ

今月の音遊人

今月の音遊人:ジェイク・シマブクロさん「音のかけらを組み合わせてどんな音楽を生み出せるのか、冒険して探っていくのは楽しい」

8625views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

4611views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11540views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

12857views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7477views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2599views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8008views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2857views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9777views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10204views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5615views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24699views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11110views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13427views

バッハにオマージュを捧げる弦楽器奏者たちの味わい深い録音

音楽ライターの眼

バッハにオマージュを捧げる弦楽器奏者たちの味わい深い録音、おすすめのアルバム5枚

5246views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12472views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

2953views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3620views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13904views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5865views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40831views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2702views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9583views